« 投資としてのデバイス購入 | トップページ | アンサンブルへのアジャスト »

2015年10月30日 (金)

マエストロの指示を問われる時

今日はあまり時間がないので、昨日呟いた内容のまとめなど。

合奏でトレーナーに「ここの弾き方はマエストロはどう指示されていますか」と質問されるのは、指示の有無を聞かれているのではなく、ようするにそろってないよと言われているのだと受け止めた方が良い気がしてきた。マエストロの指示ではなく、オケのアンサンブルの意思を問われている気がする。
送信 10月29日 17:38 From Hootsuite

オケの側にそろえる意思があってそろっていれば、音の長さといった事についてマエストロの指示がどうなのかを確認する必要はない訳だ。ばらついているからこそどちらなのか確認の必要が生じる。
送信 10月29日 17:41 From Hootsuite

ではそのような質問があった時にオケとしてはどのように答えるべきであろうか。とりあえずはコンマスにそろえるしかないよね。というか、マエストロの指示があろうがなかろうがコンマスにあわせるしかない。
送信 10月29日 17:44 From Hootsuite

逆にトレーナーはそろってないのは指示の問題ではないと割りきって、そろえるべきパートにあわせるように言ってしまった方が良いのだろう。マエストロからの指示があったにしても、全員が寸分たがわずにその長さを同じく捉えているとは限らないし、いずれにしてもアンサンブルは生物なのだから。
送信 10月29日 18:09 From Hootsuite

追記するような事もないのだが、指示の有無を聞かれた際に、すでに明確に指示がなされていればそれは「出来ていない」「不徹底」という事で直せばよいのだが、指示がなされていない場合にはそこから先に進めるのが難しくなってしまうのだ。

その辺り、指導を受ける側としてもどう答えるべきなのかは考えておく必要があるのだろう。聞かれないに越した事はないのだが、まず無理な話ではある訳だし。

|

« 投資としてのデバイス購入 | トップページ | アンサンブルへのアジャスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62576125

この記事へのトラックバック一覧です: マエストロの指示を問われる時:

« 投資としてのデバイス購入 | トップページ | アンサンブルへのアジャスト »