« 楽器が鳴らない時 | トップページ | ミラーニューロン »

2015年10月 8日 (木)

インナーブランディングの対象は誰か

インナーブランディングは何のために、誰に対して行うのか。
昨日は社外のブランド関係の方々と飲んだのだが、ふとそんな事を考えた(というか、口走った)。

ブランドに対するロイヤルティを高め、モチベーションをアップする・・・というのは、実はインナーに限った話ではなく、そもそもブランディングそのものである。それが目的であるなら、「やりやすい」従業員だけを対象にするのではなく、それこそ株主や投資家に対しても仕掛けるものでなければならない。

昨日の話の中では、短期的な投資対効果を求める投資家の存在がブランドの育成を妨げるような議論もあったのだが、ブランド育成の視点というのは、そうした投資家をも取り込んでこそ成り立つ。特に経営に結びつけて考えるなら、対立軸で捉えるのではなく、共創軸で捉えなければ、いつまでもトレードオフにしかならない事になってしまう。CSRもそうだが、ブランドを価値創造に結びつけていく上で重要なのは、何かと対立し消耗しあう形ではない関係の構築のはずだ。

閑話休題。関係者のモチベーションと結びつけて考えるのであれば、それを「インナー」に留める線引はおかしいのではないか・・・そんな気がしなくもない。もちろん、ファーストステップとしてそこから始めるというのは分かる理屈だが、その場合、インナーではない領域への拡大も視野に入れた形でなければ、単なる内輪の満足感で終わってしまう。

そしてファーストステップであるなら、目的はモチベーションではなく、その他のステークホルダーに対して影響力を発揮していく為の地ならしという位置づけでなければならない。ブランドをもっとも体現するのが、もっとも近い距離にいる従業員なのは間違いない。その従業員を通したその他のステークホルダーとのコミュニケーションにおいて、ブランドとしての統一感を演出していくための手段がインナーブランディングだとするなら、それは納得できる。

ただ、ではその場合においても、インナーという線引が「従業員」という捉え方で良いのかという疑問は残る。

あるいは「ブランドにとっての」インナーとアウターというのは、その忠誠心によって計られる距離感の問題で、組織の内外や、特定のステークホルダーという形では捉えられないものかもしれない。従業員の中にも「アウター」は存在し、投資家の中にも「インナー」が存在するのが、ブランドが生み出す関係性なのではないだろうか。

そのように考えれば、インナーブランディングはすでに存在する忠誠心をより高めるアプローチであり、アウターブランディングは、今はまだ存在しない忠誠心を植え付けるアプローチだと区別ができる。その対象が誰であるかに関係なくだ。

意外とその辺りの捉え方が良いのかもしれない。

|

« 楽器が鳴らない時 | トップページ | ミラーニューロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62433239

この記事へのトラックバック一覧です: インナーブランディングの対象は誰か:

« 楽器が鳴らない時 | トップページ | ミラーニューロン »