« 読書というインプット | トップページ | kindleライブラリと利用端末の整理 »

2015年10月21日 (水)

読書のスタイル

昨日読書のことを書いたのだが、考えてみたら明確なアウトプット(要約したレポートを作成するとか)を意識しないかぎりは、何も考えずに読んで漠然とした情報プールを自分の中に形成するというのが自分の読み方なので、ようは何かを得ようと考え過ぎなのがいけないのではないかという気がしてきた。

最近読んだ内容というのを反芻できず、そういえば何が書いてあったんだったかな、他人に説明できるかな、みたいなことを感じる機会が増えていたので、ついつい読みながらメモを取ろうとか、感じたことを残しておこうとか、余計な色気を出しながら本を読んでしまっている。

そういう目的意識は、それはそれで大切だと思うのだが、多分自分のスタイルとしては向いていないのだ。小説だって、登場人物の台詞やとある一節で使われた表現を覚えていて引用したりする人がいるが、そういうことは(自分は)出来ないのだと割り切ったほうが良いと感じている。そもそも場面の雰囲気と全体の流れしか把握せず、細かい描写は読み飛ばしている事も多い。

ビジネス書についても、そうしたスタンスが必要なのだろう。それでも残るものは残ると割り切るみたいな。何となく二度読むのもな・・・という感じで、1回でインプットを完結させようとしてしまうのだが、2回目があるかはさておき、しっかり吸収しようなんて姿勢は肩がこるだけだと思ったほうが良いのかもしれない。

あるいは逆に、冒頭に書いたように明確なアウトプットを意識して、一読ごとにまとめや書評を作成するといった事をやるかだ。ただ、そういうのって結局その本を読む目的から外れた行為のような気がしなくもないんだよね・・・。

|

« 読書というインプット | トップページ | kindleライブラリと利用端末の整理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62518727

この記事へのトラックバック一覧です: 読書のスタイル:

« 読書というインプット | トップページ | kindleライブラリと利用端末の整理 »