« クリーニング | トップページ | 読書のスタイル »

2015年10月20日 (火)

読書というインプット

昨日は帰りに寄り道をして少々連絡作業をして本を読んだ。

本に関して言えば、インプットは全然足りていない。乱読でも何でもインプットをする事が重要と感じているのだが、なかなか出来ていない。加えて読んでいても、あまりインプットされている感じがない。

好奇心や興味がかきたてられないからだ。

内容の問題と言ってしまえばそれまでだが、課題感というか、自分の側の意識の問題もあるような気がする。小説やマンガは受身で読んでもそれはそれで楽しいが、ビジネスや学術系の本というのは、受身では頭に入らないし発見にもつながらない。そういった意味では、ダメだと思ったらさっさと諦めて他の本を読むという選択肢もあるのだが、さりとてそこまでも思いきれない。

正直まったく楽しくない訳でもないのである。その辺りが微妙だ。

|

« クリーニング | トップページ | 読書のスタイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62512432

この記事へのトラックバック一覧です: 読書というインプット:

« クリーニング | トップページ | 読書のスタイル »