« 持ち歩くデバイスの見直し | トップページ | セミナー会場の机 »

2015年11月18日 (水)

ワークライフバランスという価値観

ようは価値観の押し付けのようなコンテキストで語られるから物議を醸すのであろうなと思ったりした。

ワークライフバランスというのは、女性にかぎらず色々と議論の多い考え方である。個人的には「ゲームばっかりしていないで勉強しなさい」とか「本ばかり読んでいないで運動しなさい」とか「結婚して子供を持ってこそ一人前だ」などと言ったりするのと、本質的には同じ概念だと思っているので、ワークライフバランスを考えろというのもそれはそれで一つの議論が必要と思っているのだが、それはあくまでも個人の価値観の話で、企業でいうところのワークライフバランスは、少し違う捉え方をした方が良いように改めて感じた。

基本的に、企業施策として問われるところのワークライフバランスとは「企業が従業員に対して配慮すべき事」であって「個人のライフスタイルの話」ではない。言ってしまえば、人を使う側が、使われる相手に対して尊重し配慮すべき義務の一つとして「その人の時間を過度に搾取する事で人生を崩さないようにすべき」というのがワークライフバランスの本質だといっても良いだろう。

ところが、言う側も言われる側もこれをついつい「個人のライフスタイルのあり方」みたいな話に持っていってしまいやすい。「企業の責任」というのは極めて概念的なものなので、イメージしやすい個人の話に流れてしまいがちなのだ。結果として自分の仕事スタイルを否定されたような気分になり、反発する人が出てくる、というのが、取り巻く議論の実体であるような気がする。

それなのに「ワークライフバランス」と言われると、まるでワークとライフを別ものにとして考えろと、会社から強制されているかのような印象を受けてしまう。これが、ワークとライフを区別して考えない頑張り女子が、ワークライフバランスと言われるとイラッとくる理由だ。

この捉え方がまさにそうで、この場合に別ものにして考えることを強制されるのは、本来個人ではなくて会社の方でなくてはならないのだ。その主客のシフトが議論をややこしくしているというか、ワークライフバランスの推進にとっては不幸な話なのだろうと思ったりしたのだった。

|

« 持ち歩くデバイスの見直し | トップページ | セミナー会場の机 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62699637

この記事へのトラックバック一覧です: ワークライフバランスという価値観:

« 持ち歩くデバイスの見直し | トップページ | セミナー会場の机 »