« やってみるもの | トップページ | 府中「第九」2015 »

2015年11月27日 (金)

日々の営みを変える

昨日たまたま試してみて良かったこと。

1.久しぶりに各停を使ってみた

単に乗りたかった電車に間に合わず、気落ちして各停で座っただけなのだが、時間の過ごし方として少し気持ち良かった。というか、新聞と雑誌がゆっくり読めるのではないかと思ったりした。

そこで今朝も各停を利用。日経と日経MJとクーリエジャポンを自宅でダウンロードしておいて、電車の中で読んでみる。
悪くない。新聞は見出しチェックのような読み方になってしまうのだが、雑誌を結構じっくり読めるのが良い。朝の電車ではコンタクトをしていないのだが、逆にその方が電車の中でのスタイルとしては読みやすい。単にやたら顔に近づけて読んでいるというだけだが。

・・・悪くないのだが、この目の使い方が本当に良いかはやや微妙。実際その後にコンタクトをつけたら、スマホの文字まで滲んでしまった。ようは一時的なダメージが蓄積されるということだろう。そもそも電車の中ではスマホを見るのも避けたい(避けてない)事を考えると、このような生活を毎日送るのはよろしくない気もする。


2.iPad miniを縦にしてキーボードを使ってみた

iPadのココログアプリが縦でしか利用できないため不便を感じていたのだが、昨日試してみたら縦にしても何とか文字入力はできそうである事が分かった。どんな場面でもという訳ではなく、ブログのように考えながら書く場合は、それほどキーパンチの速度を必要としないからだ。

そこで今朝も縦で使用してみる。昨日はevernoteを利用したが、今朝はココログアプリを使用。
悪くない・・・悪くないのだが、やはりタイプミスは増えてややイライラする。慣れということもあるだろうが、慣れれば速度が上がるというよりは、タイプミスを減らすレベルまで打鍵の速度を遅くする事に慣れるという感じだろうか。指を慣らすというよりも、思考の速度を慣らすという感じになる。


たまにやる経験レベルでは良いのだが、さて毎日の習慣とするのはどうだろうか。やや微妙な気がしなくもない。日々の営みの中の何かを変えるというのは、それ自体が一種のイノベーションである訳だが、それを実現するには、悪くないというレベルではなく、そうだこれだぐらいのインパクトが必要なのだろう。

来週からどうするかは未定である。

|

« やってみるもの | トップページ | 府中「第九」2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62758255

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の営みを変える:

« やってみるもの | トップページ | 府中「第九」2015 »