« アマチュアの演奏会の楽しみ方 | トップページ | やってみるもの »

2015年11月25日 (水)

紙かデジタルか

この時期は手帳がネタになるということで、プレジデントの手帳特集をチラチラと眺めていたら、年収の高い人はやっぱり紙の手帳を使っているみたいなニュアンスの記事があって、まだそんな論争をやっているのかと思ったりした。

手帳なんてパーソナルなツールだから、どっちが良いかとかではなくてその人に合うかどうかだろう。そもそも年収の高い紙の手帳使いと、年収の低いデジタルの手帳使いを比較しても仕方がない。年収の高い同士、年収の低い同士で比較するなら分かるが・・・。

ただ、紙の手帳には長期の目標とか夢とかを書いている人が多いようで、そういえばデジタルではあまりそういう事を書くことはないかもしれないなと思ったりした。その辺りは紙の手帳の自由度の高さ故という事になる訳だが、例えばGoogleカレンダーを使う自分の場合、タスクリストにそうした長期目標を書いたりしていた。日々のタスクはタスクリストよりもカレンダーに登録しておいた方が使い勝手がよく、結果的にタスクリストを使っていなかったからだ。

ちなみにスケジュール管理はデジタルだが、紙の手帳がなくなった訳ではない。手帳というか、小さなノートを手書き用に携帯はしているので、手書きの良さがわからない訳でもない。スケジュール管理については、共有や長期予定の管理、メールやマップなどの各種情報との連動の関係でデジタルの方がずっと便利だというだけの話だ。よく言われる「記憶の外部化」という視点で考えても、紙の手帳ではどうにも容量が足りない。

とまぁ、デジタル派としてはこんな事を書きたくなってしまう訳だが、それはつまりまだまだ論争のタネは残っているということであろう。失礼しました。

|

« アマチュアの演奏会の楽しみ方 | トップページ | やってみるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62746467

この記事へのトラックバック一覧です: 紙かデジタルか:

« アマチュアの演奏会の楽しみ方 | トップページ | やってみるもの »