« エキストラの確保 | トップページ | デバイスの最適配置 »

2015年11月 9日 (月)

先の演奏会に向けた準備

昨日のF響の第九練習では、ついにと言うか、コンサートマスターの雷が落ちた。

実際のところ、仕上がりが追いついていないのは確かだろう。特に管楽器については、練習中にこれだけ「自分の耳に」気になる箇所が聞こえてくるのは珍しい。曲に慣れているから自分に余裕があるというだけではなく、そもそもの音が安定していないように感じられる。

練習不足なのは確かだろう。そもそも5回目の練習ということを考えれば、むしろまとまっている方とも言える。ただしそれは過去経験がない曲で、しかも本番までは後3回しかないという状況を考慮しなければという話だ。第九についてはそうした状況の中での練習を求められているので、いつも以上に個人練習のウェイトが高くなる。それが不足しているというのが、コンサートマスターの指摘であり、実際それはその通りだろう。

その辺りの練習の組み立て方については、なにか考える必要があるのかもしれない。運営側でできることといえば、パートプルトの早期確認と楽譜の早期配布だろうか。少なくとも第九に関しては、直前の演奏会が終わってから準備するという進め方では限界があるのは間違いない。目の前の演奏会に集中するのはもちろんだが、次を見据えた練習も仕掛けておく事が重要なのだ。

そう考えると、第九の次についてもそろそろ考え始めなければいけない頃だろう。パートプルトの確認については昨日指示が出たので、早めに準備をするとして、楽譜についても準備を始めたほうが良いということだ。もちろん物理的な準備は出来ているので(レンタル楽譜についてはそうはいかないが)、ソフト的な準備の話だ。

|

« エキストラの確保 | トップページ | デバイスの最適配置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62643386

この記事へのトラックバック一覧です: 先の演奏会に向けた準備:

« エキストラの確保 | トップページ | デバイスの最適配置 »