« 冷静なる音楽の愉しみ | トップページ | ワークライフバランスという価値観 »

2015年11月17日 (火)

持ち歩くデバイスの見直し

今日は手持ちのモバイルデバイスの大半が鞄の中に入っている。アクションカムとポータブルスピーカーとポータブルHDDは持ってきていないが、これはそもそもあまり普段から持ち歩くものでもない。

全部持ち歩くというのは、正直なところほとんど意味が無い。そもそも会社に行くのに個人所有のデバイスを持っていく事自体、あまり意味が無いのだ。会社で使うものはほとんど無く、朝の出社前や夜の帰宅前以外には使い途がない。

意味が無い割には持ち歩くことが多い。休日に買い物目的で出かける時にも無駄に持って歩いたりしていて、結局使うこともなく帰宅する事も少なくないのだが、それでも持ち歩いてしまう。

もちろん、何かあった時には役に立つ。不思議な事に、持ち歩いていない時ほど「ああ、今、手元にあれば!」みたいな事を感じる機会は少なくない。単に印象に残りやすいだけだが、それにしてもまったくの無駄とも言い難いのが悩みどころだ。もちろん、その時無かったからといって格段に困るということはないのだけれど。

鞄がとてつもなく重くなって身体がキツいというのであればともかく、そういう訳でもない。そうしたモノを持ち歩かなければ、手ぶらに近い状態でも出社は可能な気もするので、それはそれで良いのではないかという気もするのだが(特に冬場は)、今のところはそこまで思いきれない。

複数のデバイスを持ち歩いてしまうのは、似たようなデバイス間で用途を分けてしまっているからだ。もっとも用途範囲が広いはMacBookAirだが、通信機能が無かったり(だからモバイルルーターを持ち歩く)、kindleや日経の紙面ビューアーにはiPad miniを使用したかったりする。実際の所iPhone5sやXPERIA Z1は本当に持ち歩きが必要かは微妙なのだが、それぞれ微妙に役割があったりする。(ただしXPERIA Z1は先日kindle端末としての使用をやめたので、今のところ用途はない。今日持ってきたのは、中身を少し整理したかったからだ・・・家でやれよという話はさておき。)

今の状態は今の状態で安定しているし、実際身体がキツいというほどでもないので、強いて見直しをしなければいけない訳でもないのだが、時々そうして見直して、少しずつ変えていくことも必要なのだと思っていたりする。

|

« 冷静なる音楽の愉しみ | トップページ | ワークライフバランスという価値観 »

コメント

おっしゃるとおりですね。ワークvsライフは、時代錯誤というか、製造業など、そこにいないと仕事が成立しない人に限定される考え方だと思います。
ワークライフバランスではなく、ライフ(ワークを含む)バランスを考えるべきなんでしょうね。

投稿: ooki | 2015年11月18日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62693501

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち歩くデバイスの見直し:

« 冷静なる音楽の愉しみ | トップページ | ワークライフバランスという価値観 »