« 新しいヘッドフォンへの物欲 | トップページ | 新しい鞄より古い鞄 »

2015年12月15日 (火)

新しい鞄への物欲

今使っているひらくPCバッグは、今年の春頃に購入して、なかなか便利に活用してきたのだが、少々不満も出てきた。いや不満というか、少し合わなくなってきたというか・・・。

元々の購入動機は会社のオフィスでPC一式と書類、私物を一度に持ち運びたいというもので、その機能にはほぼ満足している。一式詰められて、卓上でオーガナイザーとなるこの鞄の機能は、1日の間に何度か席を変わるワークスタイルにはぴったりだったとも言えるだろう。その便利さを考えれば、肩掛けしかできない不便は十分許容できるものだった。

しかし、10月に部署が異動になり、少し環境が変化した。前の部署は、打ち合わせから戻れば席がない事もある徹底したフリーアドレスだったので、すべてを持ち歩きどこでもオフィス化できるこの鞄は最適だったのだが、今の部署はフリーアドレスではあるがそこまでシビアではない。席の流動性はそれほど高くなく、朝席を決めてしまえば日中席を外しても問題ない。部署の空気としても、あまり色々なところで仕事をするというよりは、打ち合わせ以外では部署のエリアにいる事を求められているような雰囲気がある。

その空気を壊すべきかはやや迷いどころだ。そもそも人数の6割程度しか席が用意されていなかった前の部署と違い、ほぼ全員分の席があるので、他のフロアやエリアで仕事をするという口実がない。個人的には部署の役割としてそれで良いのかという気もするが、一方で前の部署のようなワークスタイルが落ち着かない人達がいるのも確かで、そうした発想に立っていると思われる今の部署の雰囲気に抗うほどのこだわりが自分にある訳でもない。

で、そうした「1日座席固定」というワークスタイルだと、ひらくPCバッグはそれほど有効活用できない。正直なところ、卓上に鞄をオーガナイザー的に置くスタイルを貫くには、現状の固定席は少々狭いのだ。移動が頻繁であればそれほど狭い事は問題にならないし、周囲への圧迫も少ない。そもそもそうした席にはこだわらず、広い席を探してさまよう事も可能だ。最初からそういう想定で使い始めた鞄でもある。

しかし現状のように1日固定で、打ち合わせ等でも一式持って移動する必要がないとなると、通勤に使用する鞄は別に普通の鞄でも良い事になる。加えてU響への参加の復活により、楽器を持ち歩く機会が増えると、肩掛けしかできないひらくPCバッグの不便さがどうしても気になるようになってくる。

もちろん、打ち合わせ等でも鞄を持ち歩いていた理由のもう一つは、いざという時に私物一式を取りに戻る必要がないというものなので、その点は諦めるしかないのだが、なんとなく普通の鞄でも良いような気がしてきたのだった。

とはいえ、普通の鞄というのは正直つまらない。鞄に面白さを求めてどうするのかという気もするが、通勤用といっても鞄に入っているのは基本的に私物ばかりである。会社のものを持ち出すのはセキュリティ上最低限にした方が良いので、その時にはその時のための鞄を「会社に置いておく」事にして、手ぶらか、そこまでは無理でも、ちょっとした小さな鞄でも良いような気がする。

|

« 新しいヘッドフォンへの物欲 | トップページ | 新しい鞄より古い鞄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62872676

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい鞄への物欲:

« 新しいヘッドフォンへの物欲 | トップページ | 新しい鞄より古い鞄 »