« 新しい鞄への物欲 | トップページ | マスメディアの何を信頼しているのか »

2015年12月16日 (水)

新しい鞄より古い鞄

昨日に続いて鞄ネタで・・・。

冷静に考えれば、「小さい鞄」というのは、少々無理がある。MacBook Airを持ち歩く事もあるからだ・・・仕事では使わないのだから、バッサリ諦める事も選択の一つように思えるが、プライベートでも使う事を考えた場合に、場面ごとに使い分ける事はあまりしたくない。

現状、自分が日常的に使っている鞄は2つあると考えて良いだろう。一つは通勤に使っているひらくPCバッグで、もう一つはオケ用の鞄だ。その他、限定された機会に使う鞄も幾つかない訳ではないが、上記の2つが他の鞄と違うのは、ほぼ固定で収納されっぱなしのモノがあるという点だ。オケ用の鞄には楽譜の他にチューナーやメトロノーム、製本セットなどが入っていて、基本的にオケ関係で何かをする場合はこれだけ持ち出せば足りるようになっている。逆に言えば、都度何を持っていくかを考えないで済むようにしている。

通勤に使う鞄についても、考え方は同じである。以前はエディーバウアーで買ったバックパックを使っていて、これはコンパートメントの仕切り含め様々なものを収納しっぱなしにするには極めて多機能だった。収納量を考えると通勤にはオーバースペックで、会社の個人ロッカーにも収まらないサイズであったため、フリーアドレスに対応しきれなくなって使用を諦めたのだが、現在の状況であれば復活させても良いかもしれない。

そうか復活させれば良いのか・・・とも思ったのだが、正直スリムさには欠ける。ミニマリストになりたい訳ではないが、冬場はともかく、夏は暑苦しい感じもする。ひらくPCバッグにはいろいろ入るとはいっても、何だかんだと収納するモノは減らしてきており、それはそれで悪い事ではないので、再び大型空母のような鞄に戻すのもどうなのかと考えてしまう。

まぁでも一度試してみよう。鞄に収納するモノは増えたとしても、その分家に置きっぱなしのモノは減る。実際そのバックパックを使っていた頃の考え方は「必要なモノはこのバックパックで持ち歩ける範囲まで」のような感じで、トータルのモノを減らす発想があった。今は最初から(ひらくPCバッグには)入りきらないので、その辺りの発想は薄れてしまっている。その発想を取り戻すキッカケになるかもしれない。

とはいえ、その場合ひらくPCバッグをどうするのかという問題が発生する。モノが増えるっていうのはそういう事なんだよなぁ・・・。

|

« 新しい鞄への物欲 | トップページ | マスメディアの何を信頼しているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62878711

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい鞄より古い鞄:

« 新しい鞄への物欲 | トップページ | マスメディアの何を信頼しているのか »