« 物事の捉え方を揺さぶる | トップページ | 新しいヘッドフォンへの物欲 »

2015年12月11日 (金)

今後のオケ関係の作業

ここしばらくオケ周り(楽器周り)がバタバタしていて、KオケでのミニコンサートやU響への復帰、F響での第九演奏会や映画撮影への協力など、2週間程度の間に色々詰め込まれていた感じがあった。
・・・あったのだが、それも一旦落ち着いたという事で、次に向けて準備を進めていかなければならない。

F響では次の定期演奏会に向けてプルトの決定、楽譜の配布、練習計画の立案、さらに総会に向けた1年間の振り返りと資料の作成がある。もちろん個人レベルで譜読みもしなければならない。
さらに2月のアンサンブルコンサートでピアノ五重奏を弾く事になったため、これの準備も進める必要がある。

U響ではとりあえずは楽譜の製本と譜読み。こちらの演奏会は2月なので、もうあまり間がない。未経験の曲ではないのが幸いだが、本当はこうした曲を惰性ではなく1から見直して弾けると充実するし、より楽しくなるはずだ。

KオケのコンサートはU響よりもさらに早い。こちらは演奏会に向けた段取りから改めて組み直さなければならない。団内の役割分担の整理、滞っている団費の徴収、エキストラ集め、レンタル楽器の手配、招待者や集客の段取りなどなど、普段他のオケでやっているような「いつもの事」とは異なるやるべき事が目白押しだ。しかもどれも初めての事なので、手探りで考えていかなければならない。

Tオケはしばらく練習に出る事ができないのだが、パートリーダーを拝命したので、少なくともパート内のケアはしなければならない。当面考えなければいけないのは、ボウイングを考える事だろう。さらに自身が出席できない中で、それをパート内に伝えていく方法を考える必要がある。

さらにアンサンブルCの練習もある訳だが・・・まぁこれは何か段取りを考えるというよりは、スケジュールの調整が重要になるだろうか。

この中でもまず最優先で待ったなしなのは、Kオケの演奏会に向けた準備と、F響の総会に向けた準備だろうか。どちらも自分の楽器演奏とはほとんど関係がないというのが何ともしんどい話なのだが、ひとまず練習よりも事務作業が優先されるのは間違いないのだった・・・。

|

« 物事の捉え方を揺さぶる | トップページ | 新しいヘッドフォンへの物欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62847325

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のオケ関係の作業:

« 物事の捉え方を揺さぶる | トップページ | 新しいヘッドフォンへの物欲 »