« 売り手と買い手の倫理観 | トップページ | オケがなくなる時 »

2016年1月12日 (火)

2016スキー本格始動

日曜日にF響の練習があり、2016年のオケ生活がスタートした。
(厳密には7日にKオケの練習もあったりしたのだが。)
今日はU響の練習、さらに木曜日はKオケ、土曜日はU響の合宿(泊まらないけど)、日曜日にF響の合奏とパート練習、という具合に練習が続く。それで1月も半分過ぎてしまう訳で、時間が経つのが早い。スキーに行く時間がない(土曜日に行ったけれども。)

そう、土曜日は富士見パノラマスノーリゾートにスキーに行ってきた。年末年始の夏油高原スキー場は、それでもかなりの雪があったのだけれども、元々積雪の少ない富士見は想像以上に雪が少なかった。しかも、この時期にしてすでに春のような雪質になってしまっている。

(ぐぬぬ・・・iPadからだとモバイル扱いになってtweetの埋め込みリンクが取得できない・・・。)

1本目。雪が少ないためコースが狭い。今は人が少ないけれども増えてきたら厳しそうである。それと・・・何やら雲行きが怪しくなってきた。まさかドーンと降ったりしないだろうな。悪夢がよみがえるな。
送信 1月9日 8:26 From Hootsuite

2本目。プルークボーゲン。外足全体を外側にずらすように荷重する。これは・・・まぁうまくいくんだよ。それほど難しくないし。
送信 1月9日 8:33 From Hootsuite

3本目。テールをずらすターンを意識してみようとしたがうまくいかず。というか、インストラクターの集団が似たような練習をしていてやりづらい・・・。
送信 1月9日 8:39 From Hootsuite

4本目。ゆっくり滑ってみる。どこぞの走り出したら止まらないオケのようにスピードの抑えが効かない訳だが、どうしたらその部分をコントロールできるようになるのだろう。想像としてはターンが中途半端に終わってしまっているという事になるのだが。
送信 1月9日 8:48 From Hootsuite

5本目。少しストレスがたまってきたのでパラレルターン。スピードの抑えが効かないのは、自分の滑りたい速度ではなくてスキーの滑れる速度に合わせてしまうからだろう。もっとも現実には緩斜面だとそれでも自分の望むスピードには届かない訳だけれども。
送信 1月9日 8:54 From Hootsuite

6本目。コースを変えてパラレルターン。そろそろ上に向かうか。
その前に写真を1枚。
送信 1月9日 9:00 From Hootsuite

7本目。人が増えてきたのでスローペースのショートターン。どうも勢いをつけて板を振り回しているような感じでスムーズな回転弧を描けないのがショートターンの課題である。
送信 1月9日 9:07 From Hootsuite

8本目。緩斜面から中斜面へ。やはりコースが部分的にクローズされていて狭い感じ。これは全開滑走は危険な感じではある。
そして写真を1枚。
送信 1月9日 9:20 From Hootsuite

9本目。ゴンドラであがって上からのロングクルーズ。バーンコンディション確認のためペースは遅め。上部はガリガリ、下部は湿雪というなかなかな変化が楽しめる。脚が雪面に取られるような感覚があるのは、内側に膝を倒しすぎだからだと思うのだが、フラットに踏めない。
送信 1月9日 9:46 From Hootsuite

10本目。上からのロングクルーズ。スピードを追求するのは諦めた方がよさげ。となるとロングクルーズが良いのかという話にはなる。
送信 1月9日 10:11 From Hootsuite

11本目。ロングクルーズ。開脚を意識してみる。多少不格好で姿勢が乱れても開脚。本来はこの状態でバランスが取れるようにならなければならない。
送信 1月9日 10:37 From Hootsuite

12本目。再び開脚でロングクルーズ。上部のクリアなバーンでは少しスピードを出してみる。ノンストップだと後半の湿雪が辛い。レッスン等で人も多いのでこれまた厳しい。
送信 1月9日 11:03 From Hootsuite

13本目。下まで降りるのはやめにして残りの時間は上部ですごすご事にする。いつもなら下なのだが下は混んでそう。
後は昼食をどうするか。いつもなら帰ってしまうがこうなると少しでもスキー場に金を落としてあげたいところだなぁ。
送信 1月9日 11:23 From Hootsuite

14本目・・・はリフト間のつなぎ。
送信 1月9日 11:26 From Hootsuite

15本目。さすがに上のリフト1本だと距離が短いか?ゴンドラからの滑り出しもあるので時々やたらと密集する。
送信 1月9日 11:32 From Hootsuite

16本目。前半の緩斜面をプルークボーゲン、後半の中斜面をウェーデルン。これを時間まで繰り返すか・・・。
送信 1月9日 11:37 From Hootsuite

17本目。開脚。開脚。開脚。初心者の頃はバランスがとれないので開脚になる。慣れてくると楽なので閉じてしまう。それを開く。開いて体重移動をしっかり意識する。
送信 1月9日 11:43 From Hootsuite

18本目。プルークボーゲンは楽なポジショニングでスピードをコントロールしたいが、緊張していないとスピードがあがってしまう。ウェーデルンはしっかり回しこみたいが、後半テールがずれてしまう。なんとも難しいね。
送信 1月9日 11:49 From Hootsuite

19本目。ちょっと色気を出してしまってプルークボーゲンで速度を抑えきれなかった。こういう我慢のなさはよろしくない。そして次でラストになりそう。
送信 1月9日 11:53 From Hootsuite

ラスト20本目のtweetはないのだが、読みながら振り返ってみても、夏油高原の雪質との落差が際立つ。元々仕方のない話ではあるのだが、シーズン初めをあのような環境でスタートすると、その後の滑走にストレスが溜まるのかもしれないなどと思ったりした。

それにしても今のままでは客足も遠のいてしまって、スキー場としては頭を悩ませる所だろう。今日は東京でも初雪が観測されたのだが、少しでも(山には)降って欲しい所だ。

ちなみに今年は平日に休みを入れてそこで回数を稼ぐ予定。土日はオケ関係でどうしても埋まってしまってままならないので、年間の計画有給を上手く活用する事にする。

|

« 売り手と買い手の倫理観 | トップページ | オケがなくなる時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63051402

この記事へのトラックバック一覧です: 2016スキー本格始動:

« 売り手と買い手の倫理観 | トップページ | オケがなくなる時 »