« 初第九 | トップページ | ヘッドフォンと圧縮音源 »

2016年1月 4日 (月)

年越しスキー

あけましておめでとうございます。

年末にこのブログの行く末について書いたりもしたのだが、結局じっくり考える時間もなく新年を迎えてしまったので、とりあえず年末年始のスキーについてなど。

今シーズンの初滑走でもある年末年始のスキーは、雪の関係もあって岩手県の夏油高原スキー場へ。例年よりは少ないそうだが、ピーク時にはセンターの入口まで雪に埋もれると言われるだけに、そこそこに雪があった。

31日は朝のうちは雲行きが怪しかったのだが、昼ごろまでには晴天に。事前に「とにかく荒れるのでゴンドラが動かない時の備え(本とか)が必要」と言われていたのだが、シーズン初滑走としては幸先の良い天候だっただろう。

この日は結局16時過ぎまで滑走。普段は半日程度しか滑っていないのだから、当然ながら筋肉へのダメージはあって、すでにその日の夜から筋肉痛状態になっていた。

翌日の元旦は、天候そのものは快晴といかなかったが、荒れるという程でもなかった。夏油高原スキー場はゴンドラの利用が中心になるので、動いてさえいればそれほど大きな影響は受けない。

この日はふと思いついて、普段ヘルメットに装着しているカメラを腰(ウェストポーチのベルト)に着けてみた。視点の高さが変わることもあるが、ヘルメットではなかなか映り込んでこない自分の挙動が一部なりとも見えるのが良い。

改めて見直してみると、手の位置や板の様子(先端だけでも)が分かるだけでも、その時の自分の滑り方がどうであったとか、直すためにはどうすれば良いのかといった事が想像できるようになる。見てもらうための動画ではなく、見るための動画撮影だと考えれば、こうした方向で撮影アングルの工夫をした方が良いのだろう。流石にポールとかを使う気はないのだが・・・。

元旦は大晦日よりもさらに遅くまで滑走。ナイターまでは流石にやらなかったが、これだけ滑るのも久しぶりだ。

とはいえ、一方で、スキーは日をおいて週1ぐらいのペースで1日(半日)滑るぐらいが適当で、連日滑走というのはやはり(筋肉への)負担が大きいよなぁとも感じたのだった。2日おいた今日でも、まだ足の動きがぎこちないよ・・・。

さて、今シーズンはオケ関係で練習が入りやすい休日よりも平日を狙うことにして、有給の予定をポツポツと入れている。もちろん土曜日も狙っていくわけだが、何日程度滑れるだろうか。

|

« 初第九 | トップページ | ヘッドフォンと圧縮音源 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/62999694

この記事へのトラックバック一覧です: 年越しスキー:

« 初第九 | トップページ | ヘッドフォンと圧縮音源 »