« Kオケ本番 | トップページ | 産業革命とIT革命 »

2016年2月 2日 (火)

本番と練習の予定

Kオケの本番が終了したということで、やや後回しになっていた他のオケの準備も再開しなければならない。直近では、

2月20日 U響定期演奏会
2月28日 F響室内楽コンサート
3月 5日 アンサンブルC弦楽コンサート

と続く。いや本当に続くな〜。

U響はサン=サーンスのバッカナール、ビゼーのカルメン、フランクの交響曲だが、直前の集中練習に出席できないというハンデがある。曲は大体頭に入っているのだが、丁寧に譜読みをしていないので、弾いているのか弾いていないのか、適当になってしまっている所が少なくない。一度どこかでゆっくり確認をしたいのだが、期間が短いのでその時間を確保できるかが課題になる。

F響室内楽はドボルザークのピアノ五重奏だけのつもりだったが、パーセルのアブデラザール組曲が加わってしまった。ドボルザークは日曜の午後に2回目の合わせがあり、すっかり忘れてしまっていたので、次回の練習前には取り戻す練習を入れておく必要がある。あるのだが、次回の練習はU響本番の翌日で、前日にどうするというのが難しい。アブデラザールに至っては、そもそもアンサンブルの練習に参加できない。

アンサンブルCはトータル13曲。ここは自分の個人的な課題よりも、そもそもメンバー全員そろっての練習がまだできていないというのが課題だろう。とはいえ、先日楽譜を変えてソロを入れてしまったので、その分は練習しておかなければならない。

そして、もちろんその他の練習も(本番が少し先なだけで)ある。

4月17日 F響バレエ公演協力
5月 5日 Tオケ演奏会
5月22日 F響定期演奏会

バレエ公演協力は弦楽四重奏で、今回は曲数が結構多い。譜読みどころか音源も当たれておらず、楽譜の準備もできていない。しかもメンバーが強力なため、ほとんどあわせの練習をしない。逆にいえば自分でさらっておかなければ目も当てられなくなる。

Tオケはゲーム音楽で、楽譜が更新中である。曲がよく分かっていない(楽譜がないのだから当たり前だ)上に、練習が他とかぶって意外と出席できない(でもトップ)という状況にある。とりえずこの週末は参加の予定だが、楽譜を預けているので、事前にさらうこともできない。

F響の定期はシューベルトとブルックナーの未完成(ブルックナーは「未完成」という標題はないが)。本来これが自分にとってメインの筈だが、これも楽譜を読む時間が取れていない。もっともある程度曲が体に入ってからさらうのが自分の流儀なので、エンジンをかけるのはむしろこれからだが、これも時間を確保できるかどうかだろう。

平日でもスキーになど行っている余裕はなさそうじゃないか!

|

« Kオケ本番 | トップページ | 産業革命とIT革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63154531

この記事へのトラックバック一覧です: 本番と練習の予定:

« Kオケ本番 | トップページ | 産業革命とIT革命 »