« 指が勝手に動く現象 | トップページ | iPhoneSE »

2016年3月31日 (木)

Kオケの次のステップ

昨日はKオケのコンサート。会社の事業所のいわゆる歓迎会における余興演奏だった。こうした依頼を受けていく事が、社員オケとしての位置付けを高めていく事につながるとは思うのだが、毎度の事ながら喧騒の中での演奏というのは結構しんどい。

ただ、これはクラシック音楽のプレイヤーとして静寂の中で演奏する事に慣れ過ぎてしまっているからという事も言えるだろう。それはそれで一つのスタイルだが、例えば宮廷における音楽がパーティーなどでのBGMとして生まれたとすれば、それは静寂の中での演奏という事はありえない。昨日はそれでも余興的位置付けで多くの人が聴く姿勢を持ってくれたが、BGMであればそれすらないという事になる。

ま、それはそれで楽しそうだが。

そうしたBGM的な位置付けでの演奏スタイルにも慣れていくというのも課題あるいは楽しみの一つだが、その上で今後を考えれば、レパートリーの拡大と、編成のバリエーションを増やしていく事が重要になってくる。今回の演奏会も、編成や練習期間の都合で定番曲と過去演奏した事のある曲で構成せざるを得なかったのだが、それではどこかでマンネリズムを招く。最初のうちは良いのだが、基本的に同じ人たちに聞かせる事が多いのだから、それでは飽きられてしまう。

レパートリーの拡大は、そもそもオケ全体の編成の影響を受けやすいので難しい側面もある。まずは編成のバリエーションを増やしていく事だろう。打ち上げでは何人かに話をしたのだが、小編成でのアンサンブルチームを複数結成し、時々の演奏機会毎に調整可能なメンバーに合わせたチームで出演できるようにすれば、急な依頼にも対応しやすい。各チーム毎に1回の演奏機会にプログラムを組める程度のレパートリーは用意してもらい、どこかで発表できるような機会を作っていくようにする。

重要なのは、単にアンサンブルで遊ぶというのではなく、それはそれで大切だが、オーケストラとして突発的な演奏機会にも対応していけるようなベースを作り上げていく事だ。

とはいえ、Kオケの趣旨は「大人数で一つの音楽を創り上げる」なので、全体で演奏する機会作りやそのための曲の準備もしなければならない。その辺りのバランスも考慮しながら、次に何をするか考えていく必要があるだろう。

|

« 指が勝手に動く現象 | トップページ | iPhoneSE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63419001

この記事へのトラックバック一覧です: Kオケの次のステップ:

« 指が勝手に動く現象 | トップページ | iPhoneSE »