« ほぼ日手帳を使う合理性 | トップページ | プライベートにおける後回し問題 »

2016年3月22日 (火)

春スキー

三連休の前半はTオケの合宿(F響の練習を間に挟む)だったのだが、月曜日はスキーに行ってきた。行き先は小海リエックス。ウェザーニュースのスキーチャンネルで積雪状態を確認したら、「全面滑走可」になっていたので、安心して行ったのだが・・・行ってみると思った以上に雪がなく、クローズしているコースもある状態。何だかなぁとは思ったのだが、今シーズンはどこもこんな感じである。

この後15本目を滑って、午前中でさっさとあがったのだが、流石に三連休の最終日ということで帰りは渋滞に巻き込まれた。

春スキーというのは本来はもう少し後の時期のスキーなのだが、この時期ですでに雪質はその頃に近い形になっている。そもそもGWの頃にはこの辺りのスキー場では滑れないので、すでにシーズン終盤の雪という意味でやむを得ないのだが、改めて自分が好きな雪はあくまでも1月から2月にかけてのトップシーズンの雪なんだよなぁと思ったりした。その割に今シーズンも(そしてここ数年の状況も)、トップシーズンには行けずに、3月になってからの回数が多い。

2月はU響の定期演奏会とF響のミニクラシックコンサートがあるからだ・・・と言ってしまえばそれまでだが(加えて例年この時期に体調を崩しやすい)、シーズンが終わりに近づくと何とかならなかったのかと考えてしまうこの悪循環を来シーズンはなんとかしたいものだ。

さて、今シーズンはもう1回ぐらいは行きたい所。ただ、今回の雪質を考えると、それなりに足を伸ばさないと満足できる雪質は得られそうになく、残る2回の行けそうな機会はどちらも夕方から予定のある日のため、実際に行けるかどうかはやや微妙である。

|

« ほぼ日手帳を使う合理性 | トップページ | プライベートにおける後回し問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63379609

この記事へのトラックバック一覧です: 春スキー:

« ほぼ日手帳を使う合理性 | トップページ | プライベートにおける後回し問題 »