« 本を読む | トップページ | 平河町ライブラリー »

2016年3月15日 (火)

久しぶりのスキー

しばらく朝の時間も確保できない状態が続いていたのだが、ようやく昨日で一段落。一息ついてしまって良いという訳でもないが、平常運転に戻せるぐらいにはなっただろうか。

常にこんな状態ではたまらないが、たまにはこういう事があっても良い。あった時の普段の平常運転だ。

そんな仕事の話はさておき、そんな仕事に追われながらも、土曜日はスキーに行ってきた。久しぶりということでいつもよりも長時間滑ってしまったのだが、息抜きとしても充実していた。楽器の練習はできなかったので、翌日は少々困ったけれども。

という訳で恒例の振り返り。今回はちと多い。

1本目。バーンコンディションは悪くないのだが、天気がいまいちで視界が悪い。スピードは出しにくい感じなので今日はのんびり滑る感じかな~。
送信 3月12日 8:50 From Hootsuite

2本目。プルークターンから開脚のパラレルターン。やはり雪が不足しているのか、コースにちらほら仕切りがある。
送信 3月12日 8:55 From Hootsuite

3本目。同じくプルークターンから開脚のパラレルターン。カメラを下向きにしてスキーの先端を撮影してみる。
送信 3月12日 9:01 From Hootsuite

4本目。ショートターン。回しこむ感じではなく左右にテールを振りながらずらす感じになってしまう。緩斜面のショートターン辛い。
送信 3月12日 9:08 From Hootsuite

5本目。ショートターン。やはり回す感じにはならない。サイドカーブより小さいターン弧は無理にしてもずらしかたがもう少し均一になると良いのだがな。
送信 3月12日 9:16 From Hootsuite

6本目。緩斜面でのミドルターン。あまりエッジを立てないようにしたいのだが、どうしても膝を内側に入れてしまう。体重移動ではなくエッジの抵抗でターンをしているようなイメージになっている。
送信 3月12日 9:24 From Hootsuite

7本目。再びミドルターン。まっすぐ荷重する事を意識してみる。ターンとしてはこの方が安定しているのだが、意識しないとできないという事は、体の使い方としては楽ではないのだろう。
送信 3月12日 9:30 From Hootsuite

8本目。緩斜面でのプルークターン。もう少しスムーズで均一なターン弧になっても良いと思うのだが、その一線がなかなか越えられない。
送信 3月12日 9:36 From Hootsuite

9本目。久しぶりに内足荷重のターンにチャレンジしてみる。やはり不安定で怖い。しかしターンはスムーズでスピードも出る。
送信 3月12日 9:42 From Hootsuite

10本目。フリー滑走。しばらくポールなしで滑ってみる事にして車に置いてくる。駐車場が近いのはこういう時便利。そういえば昔は板を2本持ち込んで履き替えたりしてたな。
送信 3月12日 9:51 From Hootsuite

11本目。緩斜面でのミドルターン。ポールなしで手を後ろ手に組んでいると体重移動の際の脚の緊張感がかなり違う。手とポールを上手く使えばずっと楽に回れるという事だ。
送信 3月12日 9:56 From Hootsuite

12本目。後ろ手に組んでのプルークターン。やはり感覚が違う。この状態でスムーズになると上手く回れている気がする。
送信 3月12日 10:03 From Hootsuite

13本目。プルークターン。後ろ手に組んで上体を起こしていると上半身で重心を微調整するのが難しくなり、一旦荷重をするとターンが終わるまでその状態で我慢が必要になる。その分シビアになるのが良い。
送信 3月12日 10:12 From Hootsuite

14本目。後ろ手のままプルークターン、ショートターン、パラレルターン。ショートターンはかなり怖い上ほとんど回りきらない。下半身だけの体重移動では限界があるのかもしれない。
送信 3月12日 10:18 From Hootsuite

15本目。後ろ手でパラレルターン。中斜面以上だとかなりきつい。それにしてもこのペースだと1日滑ったらかなりの本数になりそうだな。
送信 3月12日 10:24 From Hootsuite

16本目。パラレルターン。明らかにターン弧のコントロールがシビアになっている。というか基本的に回ってくれるのを待つしかない。
送信 3月12日 10:30 From Hootsuite

17本目。無理にターン弧をコントロールする際の姿勢がぶざまでみっともない。重心の位置がベストポジションではないのだろう。
送信 3月12日 10:37 From Hootsuite

18本目。ずらすターンを意識してみる。ロングターンにおいてもずらす方が重心の位置がシビアに問われるので、この方がトレーニングになりそう。
送信 3月12日 10:44 From Hootsuite

19本目。少しずつ体重移動がスムーズになってきた・・・気がする。
送信 3月12日 10:50 From Hootsuite

20本目・・・を滑ったところで一旦休憩。しかし特に疲れてもいないしやや微妙。
送信 3月12日 11:01 From Hootsuite

21本目。ボール復活。晴れてきたので見晴らしが良い。雪面が見やすいって素晴らしい。
送信 3月12日 12:03 From Hootsuite

22本目。一応上級設定のコースをダウンヒル。足元が引っ掛かるように感じるのは膝を内側に倒しすぎだからだろう。
送信 3月12日 12:14 From Hootsuite

22本目。気温があがって雪が湿ってきた。というか、荒れてきた。丁寧に滑るには少々急な事もあるので別のコースを探そう。
送信 3月12日 12:24 From Hootsuite

23本目だった。
送信 3月12日 12:24 From Hootsuite

24本目。反対側のコースも雪質はさして変わらず・・・晴れる前の方が良かったが、さすがにこの時期は晴れたら逆に駄目か。
送信 3月12日 12:34 From Hootsuite

25本目。どちらも同じならショートターン&ミドルターン中心で低速で・・・と思ったのだが、コースがクリアだったのでロングターンで爆走してしまった。これではダメなんだよ・・・。
送信 3月12日 12:45 From Hootsuite

26本目。ミドルターン主体にしてみたがどうもポールなしの時のような感覚を再現できない。手でバランスを取りながら下半身への意識に欠ける滑り方になっている。
送信 3月12日 13:00 From Hootsuite

27本目。昼食の時間が終わって少し人が出てきた。こうなると思ったコースは取りづらくなるので広めのコースが良い。それでもミドルターン主体で速度は控えめで。
送信 3月12日 13:14 From Hootsuite

28本目。あまり疲れている感じはしないのだが、それは気分的な話で、少し脚のコントロールができなくなってきている感じがする。
送信 3月12日 13:29 From Hootsuite

コントロールできなくなってきているのではなくて、人が増えてコントロールを求められる場面が増えたからストレスがあるんだな多分。
送信 3月12日 13:33 From Hootsuite

29本目。ショートターンからのミドルターン。ショートターンを維持するのが難しい。無理やり板をずらすような感じで足元が暴れる。
送信 3月12日 13:42 From Hootsuite

30本目・・・を滑って昼食。野沢菜飯に負けた。 @ 白樺高原国際スキー場 instagram.com/p/BC1y4mwlMKN/
送信 3月12日 14:03 From Instagram

さてこの後はどうしたものか。21本目以降はそれまでの倍の距離を滑っていたので、午前中のペース換算だともう40本分ぐらいは滑っているんだよね。毎日とかであれば5本も滑れば満足するものなんだろうが、たまにくるからこうしてどかっと滑ってしまうんだな。
送信 3月12日 14:26 From Hootsuite

よし、軽めにもう少し滑ろう。
送信 3月12日 14:40 From Hootsuite

31本目。もう流すだけだ・・・。
送信 3月12日 14:53 From Hootsuite

32本目。後は流すだけだー!
送信 3月12日 14:59 From Hootsuite

33本目。残るは流すだけですよ。
送信 3月12日 15:05 From Hootsuite

34本目。最後に流すだけとなりました。
送信 3月12日 15:11 From Hootsuite

35本目。流して終了。良いスキーでした。さて帰ろう。
送信 3月12日 15:19 From Hootsuite

振り返りと言いつつ、これらのtweetは、実際には後日振り返るためのものではなく、その場である程度テーマを持って滑るためのものに過ぎない。そんな呟きに付き合わされるフォロワーの皆さんには申し訳ない限りだが、リフトに乗っている間に、滑りを反芻し、次はどう滑るかを考えるのはそれはそれで楽しい時間ではある。

さて、次はいつ行けるだろうか。カレンダーでは連休最終日の21日が行けるタイミングという事になるが、オケの方の練習諸々を考えると若干微妙ではあるな。

|

« 本を読む | トップページ | 平河町ライブラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63347595

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのスキー:

« 本を読む | トップページ | 平河町ライブラリー »