« Kオケ | トップページ | 練習を習慣化する »

2016年5月30日 (月)

iOSとAndroid

先週書いた通り、土曜日にガラケーの契約をXperiaZ1に戻したのだが、その際に1年の契約縛りを受け入れた結果、dtabを入手することになってしまった。回線契約はなしなのでWiFiで使用する形になる。

で、その設定をちょこちょこっと行い、昨日はZ3とあわせてZ1も使用したのだが・・・それぞれの操作感の違いに戸惑ってしまった。

そのように考えると、iOSはiPhoneであれiPadであれ、操作感が統一されていて、それゆえに個別にはやや面はゆい事も感じたりしつつも、共存が可能になっているのに対して、Androidは端末ごとの最適化がされていて、複数台を同時に使い分けるのが難しいという事になる。
(iOSも、バージョンが違うとちょっと面倒になる。)

ようするに、Androidは複数の端末を用途に応じて使い分けるのに向いていないという事だ。iPhoneとiPadは、同じ作業を状況に応じて端末で使い分ける事にそれほどストレスを感じないのに対して、Androidはそうはいかない。特にメーカーが違う場合は決定的で、それを解消するには、結局すべての作業をGoogleファミリーで統一しなければならない。
(それもアプリをGoogleだけにするといったレベルの話ではなく、OSとしてのAndroidの機能や、メーカーの提供する独自機能にはなるべく頼らないような工夫が必要というレベルの話だ。)

いやまあdocomoの端末として、docomo仕様を受け入れれば統一感は図れるのかもしれないが、それって機種をこだわって選ぶ必要はないという話で、それはそれでどうなのだろうかと思わなくもない。

とりあえず、Z1とZ3の使い分けについては少しずつ調整をしていくにしても、dtabについては操作感をストレスないレベルにしていくのは絶望的だなという話。まったく別の用途として、考え方を変えた方が良いのかもしれない。ゲーム専用機としてしまうとかさ。

|

« Kオケ | トップページ | 練習を習慣化する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63704034

この記事へのトラックバック一覧です: iOSとAndroid:

« Kオケ | トップページ | 練習を習慣化する »