« アマオケにおける選曲の問題 | トップページ | iPhoneとXperia »

2016年5月11日 (水)

練習のない日の使い方

昨日はU響の練習でブラームス1番の分奏。指が覚えているような、頭が忘れているような、何れにせよ微妙な不安定感がある。経験がある曲というのは、どこかそういう要素があって、譜読みが楽な反面、演奏精度が上がらない傾向がある。

本来それはとても勿体無い話で、以前の経験に積み重ねてさらに精度を高めていけるのが理想だと思うのだが、多くの場合過去の経験をなぞるだけで終わってしまったりするのだ。単なる練習不足といえばそれまでだけど。

さて、例年であればこの時期はアンサンブル・オレイユの練習がスタートするのだが、解散してしまったという事でちょっとした喪失感がある。それもあってある意味うっかり誘いに乗ってしまったのだが、オペラ専門のアマオケに参加する事になった。今週末からその練習が始まる。

楽譜の製本は何とか終わらせたのだが、厚みが半端ない。これだけの分量を10回程度の練習で仕上げていくスケジュールになっていて、どのように練習を組み立てていくのか興味がある反面、ついけていけるのか不安がある。というか、普通に考えてこれまでの練習スタイル(合奏の中で譜読みから仕上げまでをする)ではどうにもならないような気もする。

一方で、火曜にU響、木曜にKオケ、(大体)土曜日にオペラ、日曜にF響と、何だかんだで週7日のうち4日も楽器に触る機会がある事を考えると、これ以上何かを差し挟める曜日はないとも思える。楽器を弾かない時間の活用が鍵になるとしか言いようがない。

そういう意味では、今日のような日の使い方が重要な訳だ。いやでも今日みたいな日は本来他にやらなければならない事を優先しなければならない日だったりするのだよ・・・。

|

« アマオケにおける選曲の問題 | トップページ | iPhoneとXperia »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63612118

この記事へのトラックバック一覧です: 練習のない日の使い方:

« アマオケにおける選曲の問題 | トップページ | iPhoneとXperia »