« 演奏への没入感 | トップページ | クラシック音楽の聴き方 »

2016年5月17日 (火)

練習を休むという距離感

今日はU響の練習日なのだが、仕事の打ち合わせが渋谷である関係で楽器を運ぶ事が出来ないため、参加を断念する。何とかならないかとも思うのだが、これぐらいの距離感があっても良いように感じている。それはU響に限らず、F響などにも言える事だ。

一方で、参加する以上出席すべきという考えもある。特に自分の場合は、オケの練習への参加時間がほぼイコールで楽器を弾いている時間のため、練習に出席しない事は楽譜への練度の低下に直結する。恐らく休みがちな人というのは、それ以外に個人練習の機会を持っていると思うのだが、自分の場合はそれがないので、結局練習に参加するしかないのだ。

ただ、そうした練度の問題は差し置いても、距離感というか付き合い方のバランスというものはあるであろう。特にU響は練習後の飲み会もほぼ出席しているため、それも含めて距離感が必要なように感じている。ちなみに飲み会に出ないという選択肢も確かにあるのだが、そうなると逆に電車の混雑がしんどいという問題に直結したりする。

とりあえず今日は休みである。いや仕事がじゃないよ。

|

« 演奏への没入感 | トップページ | クラシック音楽の聴き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63643445

この記事へのトラックバック一覧です: 練習を休むという距離感:

« 演奏への没入感 | トップページ | クラシック音楽の聴き方 »