« ブラームスとツェムリンスキー | トップページ | Kオケ »

2016年5月26日 (木)

XperiaZ1とiPadPro12.9

ガラケーからのiPhoneへの切り替えは結局進めていない。どうにも決め手に欠けるというか、増えるデバイスの使い分けがイメージできないからだ。

その一方で、ガラケーの回線をそのまま放置しておく事は無駄が大きい。その回線を主回線にして、残りの回線でパケットをシェアするというのが理想の形だからだ(何度か書いているがそもそも契約解除が一番お得というのは目をつむる)。

そこで、決め手がないなら、以前の形に戻して、XperiaZ1を復活させても良いのではという事を昨日思いついた。iPhone5sをそうできれば良いのだが、これはSoftbankで購入したものでdocomoでは使えない。Xperiaであれば、少なくとも機種購入代金は不要で、契約を変えるだけで済む。

ようはどのようにZ3とZ1を使い分けるかという話で、これは元々iPhone6sPlusで考えていた使い分けをそのまま当てはめれば良いのだ。iPhoneのアプリを試すという目的は果たせないが、SNSなどはZ1を中心に運用していけば良い。

そしてあわせてiPad Pro12.9インチモデルを導入してみてはどうかと思いついた。日経の紙面ビューアーやdマガジンなどは、正直iPad miniでは厳しい。もっとも、それらの閲覧が朝のこの時間が中心という場合に、では通勤に持ち歩くのかと言われるとやや微妙なサイズと重量ではあるのだが・・・。

ただ、A4サイズが表示できるのであれば、楽譜としても持ち歩きが容易になる。知り合いが練習に使っているのをfacebookで見かけていると、それはそれで大きなメリットだなと思ったりする。実用レベルかどうかは購入前には試しようがないので評価しようがないのだが。

いずれにせよ、iPhone6sPlusを購入する事を考えれば、実はそれほど金額的に差がある訳ではない。最大容量の256GBにすれば、音楽と動画がかなり持ち運べるようになり、噂のスピーカーで視聴が出来るようになり、逆にiPad miniの容量が空くので別の何か(なんだよ)に回すことができるようになる。いやまぁ両者を同時に持ち歩くのは非現実的なので、そこはもう少し考える必要があるかもしれないけれども。

そんな事を考えたのだった。まぁiPad Proは妄想としてもXperiaZ1の復活はさっさとやってしまった方が良いだろう。ちょうど月が変わるタイミングだし。

|

« ブラームスとツェムリンスキー | トップページ | Kオケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/63685137

この記事へのトラックバック一覧です: XperiaZ1とiPadPro12.9:

« ブラームスとツェムリンスキー | トップページ | Kオケ »