« 残りの練習回数を意識する | トップページ | Kオケの次回プログラム »

2016年8月24日 (水)

興味関心のエネルギー

最近こんなTweetをしていた。

何となく昔の写真を見返していたのだが、明らかに色々な所で食べていて、色々な写真を撮っている。最近はその手の気力がほとんどない。
送信 8月22日 21:01 From Hootsuite

そんな中で昨日は久しぶりに渋谷でランチの機会があったのだが、まさにこの心境を痛感した。何を食べたいという食指が働かず、新しい店に入ろうという気持ちも生まれてこない。いやヒカリエの中とかウロウロしたりしたんだけどね・・・。

思うに、根っこの部分ではそうした事への関心が薄いのだろう。過去の投稿を知る人たちには「そんな馬鹿な」と言われそうだが、あれはそうした環境に身を置いて、継続していることによって生まれた、自分の欲求とは異なるコンテンツ群なのではないかという気がする。自分にとって、メニューの写真を撮る事は、食への興味を自らに言い聞かせようとする行為に近い。

もちろん、単に歳をとって物事全般への興味関心が薄れ始めたという悲しい可能性もある。本当の意味で興味関心を持つのはそれなりのエネルギーを使うものだし、突き詰めようと思えば相応にしんどい。積み重ねるほどにしんどさは増していくので、それを上回るエネルギーがなければ維持継続はできない。

エネルギーが有り余っていれば、ちょっとした興味関心でもそれなりに膨らます事ができるのだが、正直そうしたエネルギーは枯渇しつつあるようにも思える。あるいは何らかの形でチャージができるものかもしれないが、そのチャージができていないというべきなのだろうか。

|

« 残りの練習回数を意識する | トップページ | Kオケの次回プログラム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64103218

この記事へのトラックバック一覧です: 興味関心のエネルギー:

« 残りの練習回数を意識する | トップページ | Kオケの次回プログラム »