« シェアオフィス | トップページ | XPERIAという選択肢 »

2016年10月28日 (金)

ウェアラブルデバイス

今朝は24時間営業のファミリーレストランに入ってみた。朝にパンを中心としたカフェメニューを食べてしまうと、夜もカフェメニューというのはどうもな・・・と思ってしまうのだが、ファミリーレストランであればご飯とみそ汁のメニューがあるのである。
(とはいえそれで夜をカフェにするかというのはまた別の話。)

ご飯の話はさておき、今興味のあるモノの一つにJINSのMEMEがある。個人的にウェアラブルの行き着く先は(体内に埋め込むのは別として)メガネではないかと思っているのだが、中々時計のようには出てこない。

思うにあれはカメラを付けてしまうから色々と物議を醸してしまうので、それは諦めて通知に特化した方が良いと思うのだが・・・なぜ視線周りだからとカメラをつけようとしてしまうのであろうか。腕時計にカメラをつけようなんて考える人はいないのに(もっと物議を醸しそうだが)。

閑話休題。MEMEにはそこまでの通知機能がある訳ではない。あくまでもセンサーで自分の状態を把握するのが目的のデバイスだ。それでも、仕事中の集中の状態が把握できたり、運転中の眠気の可能性を察知するだけでも(眠気はセンサーで測るまでもなく分かる気もするが)、面白そうな話ではある。本来の機能は特にトレーニングやフィットネス向けのような感じではあるのだが、そこにはそれほど興味なし。ただ、姿勢や体軸のブレのチェックができるというのはちょっと興味がある。

実際に購入する場合は、度入りにするか度なしにするかという悩みどころはある。コンタクトがあるので度なしで良いのだが、つける場面を考えた時に、度ありのほうが便利ではないかという気もする。まぁあまり普段からつけるものではないようにも思うので、度なしの方が妥当なのであろう。実際製品の仕様としては、度なしが標準で、度入りにも対応可能という形になっている。

現実問題として、これが活用できるかといえばかなり心許ない。スマートフォンとの連動したデバイスとして考えるのなら、スマートウォッチやイヤホン型のデバイスの方が工夫の余地は大きいだろう。iPhoneに切り替えようかと考えている時に、SONYがXperia Earを発表してきたのはちょっとそそられたりする。SmartBandTalkの状況を考えれば、これも活用できるかはかなり怪しいが。

|

« シェアオフィス | トップページ | XPERIAという選択肢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64409277

この記事へのトラックバック一覧です: ウェアラブルデバイス:

« シェアオフィス | トップページ | XPERIAという選択肢 »