« U響の練習 | トップページ | JINS MEME »

2016年11月 2日 (水)

平日の響き

昨日はU響の練習。譜読みが追いついていない・・・のはさておき、U響の練習でいつも思うのは楽器の響きがいつもと違うように感じられる事だ。出しにくい(出ない)と感じる事もあれば、出すぎると感じる事もあって、響きの感覚はその日によって違うのだが、F響の練習ではほぼ変わらないように感じているのに対して、U響の練習では安定していない。

逆にそれが良いとも言える訳だが、理由が分からないのでは意味がない。

一つ考えられるのは、弾く位置の違いだが、それだけではないような気もする。もちろん、自分の楽器を含めたオケ全体の響きの感じ方は座る位置によっても変わってくるだろうが、それは弾いた時に楽器からのフィードバックとして感じられる響きとは異なるものだ。それに思い返してみると、本番直前に行われる休日の集中練習では、あまりそのように感じた事がない。

そうなると、考えにくいのだが、時間帯によって違っているという事だろうか。しかし休日に夜の練習が入る事もあるが、これもU響のような響きを感じた事はない気がする。そうなると、オカルトのようだが、曜日によって違うという事だろうか・・・そんな訳ないか。

楽器のコンディションがそうそう変わる訳ではない。結局のところ、それは自身のコンディションの問題と考えるのが妥当だろう。体調の良し悪しではなく、何かが平日の夜と休日では違うという事だ。楽器そのものの響きが変わっているというよりも、自分の感じ方が変わっていると考えた方が自然である。

本番には本番のコンディションがあるのだから、平日の響きの感じ方についても、そういうものだとしてどう生かすかを考えた方が良い。

そういう視点で昨日の弾き方を振り返ると、譜読みが出来ていない不安もあるが、全体に力を抜いてガシガシとは弾かないような感じになっていた。響き方に不安を感じるので、少し探りながら音を出すようになるためだ。考えてみるとそれは、先日のF響の合奏で指摘された「力を込めるのではなく響きだけを出す」弾き方に近いかもしれない。実はこちらの方が理想なのかもしれないのだ。
(あくまでも弾き方の話であって、弾けているかどうかの話ではない。)

であれば、休日の「ガンガンいこうぜ」的な際に、こうした平日の意識を持ち込めれば、もっと響きを(自分へのフィードバックではなく周囲に対して)出していけるようになるかもしれない。

|

« U響の練習 | トップページ | JINS MEME »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64432934

この記事へのトラックバック一覧です: 平日の響き:

« U響の練習 | トップページ | JINS MEME »