« 今年1年を振り返る | トップページ | ワーキングメモリー »

2016年12月 9日 (金)

1人弾きの合奏

昨日はKオケの練習。

うっかりというか、事前に練習のスケジュールを流すのを忘れていたのだが、それでも参加してくれたメンバーと運命の合奏をする。ちなみに編成は1st1名、2nd2名、Vaなし、Vc1名、Cbなしの弦楽器と、Fl1名、Tp1名の管楽器という状況。

前にも書いた気もするが、編成が欠けている状態での合奏は、特に知っているつもりの曲においては、様々な発見が生まれやすい・・・気がする。加えて1人パートで弾いていると、音の出し方にも気を使うようになる。

結果として、普段の合奏ではどれだけ気を抜いて弾いていたのかと思ってしまうほど、演奏に気を使う事になる。これは実は練習としては悪くないように感じている。

もっとも、それは曲がそういった事が出来る曲であるという事にも起因するだろう。正直な話、週末にあるF響のローマの松の合奏に同じ環境で臨みたいとは思わない。ま、トップのソロはソロとしてあるのだけれども。

|

« 今年1年を振り返る | トップページ | ワーキングメモリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64601254

この記事へのトラックバック一覧です: 1人弾きの合奏:

« 今年1年を振り返る | トップページ | ワーキングメモリー »