« 寝クリスマス | トップページ | 2016年を振り返ってみる »

2016年12月27日 (火)

プログラムノート

昨日はさして体調的には問題もなく、ある意味で穏やかに過ごすことができたのだが、今朝熱を測ってみるとまだ平熱とは言えない状態で、完全に復調しているという訳ではないらしい。実際、胸の奥にはまだこもっているムカつきのようなものが感じられる。年末に向けて、薬が切れてしまう明日には何とか回復していたいものである。

昨日は、今日が締切になっていたU響のプログラムノートを仕上げた。仕上げたといっても、体調がおおよそ回復し始めていた一昨日の午後に書いたものを軽く見直しただけだが。

文字数は1,000字。これは、多いようで少ない。基本的に文章は短いほど難しくなるものだが、もっとも今回に限っていえば、ネタが不足気味だったので助かったかもしれない。これが3,000字だったら、ちょっと厳しかっただろう。

ちなみにネタというのは資料の事ではない。いやもちろん資料は大事なのだが、史実や楽曲に関する解説資料というよりも、自分がこうした場合に重視しているのは、練習で耳にした話や宴会で盛り上がったような、指揮者や奏者が発する評価や感想である。もちろん自分自身が感じたことも含めての話だ。それらを組み合わせて解説らしく織り上げるのが、こうしたプログラムノートを書く場合に重視していることとも言えるだろう。

しかし、そのネタ、つまり練習や飲み会への参加が、今回は圧倒的に少なかった。結果として、ネットや本からかき集めた情報に頼らざるを得なかったと言っても良いだろう。もっとも、その場合は1,000字では少々足りなかったかもしれないが。

ガンダムも、ニューヨークへ行きたいか!も、ロックも使えなかった訳だが、ま、締切に追い込まれて最後ギリギリに書いているようではやはりダメなのかもしれない。

|

« 寝クリスマス | トップページ | 2016年を振り返ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64681458

この記事へのトラックバック一覧です: プログラムノート:

« 寝クリスマス | トップページ | 2016年を振り返ってみる »