« AISASモデルのゴール | トップページ | iPhoneとFeliCa »

2017年1月27日 (金)

iPad miniとdTab

先日思いついて、携帯するタブレットをiPad miniではなく、dTabにしようと改めて設定の見直しや必要なアプリの動作などを確認してみたのだが・・・。

やはりこの領域はiPad miniの方がずっと上という事が分かってしまった。もちろん「自分にとっては」という話だし、慣れによる違いなどもあるという前提においてだが。

そもそもスマートフォンとタブレットでは求めている機能が違っていたのだ。

スマートフォンでは手の中に常にある端末として、必要な情報を一覧できる事が自分にとっては重要になる。そうなると、基本アイコンが並ぶiPhoneよりも、Androidの方が、より自分が使いやすい環境を構築しやすい。
(ついでに言うと、iPhoneを使い出して分かったのは、バックボタンを思った以上に使っていたと言う事実で、現状iPhoneに対する最大の不満は、片手操作時に簡単に前の画面に戻れない点にあったりする。)

タブレットはそこまでの頻度では使わないので、むしろ必要とされる機能が使いやすいかという部分が重要になる。片手で操作するわけではないから、求める操作性も違う。そうなると、中途半端に携帯端末用のインターフェースになってしまっているAndroidよりも、iOSの方が使いやすい。携帯端末に特化していない分、iOSの方が使いやすいのだ(と自分には感じられる)。

また、dTabは画面の縦横比率が細長くなっているので、電子書籍や雑誌の表示にどうしても無駄が出る。縦にすれば上下が切れるし、横にすると小さくなりすぎる。Kindleはまだ良かったのだが、dマガジンでは横であのサイズになってしまうと流石に読めない。
(ついでに言えば、dマガジンについては明らかにインターフェースがスマホ向けになっていて、せっかく画面サイズの大きなタブレットなのにそれを活かしきれていない。)

そんなわけで、まだちょっとトライしただけではあるが、やはりiPad miniに一日の長があるという印象。もっとも個人的な感覚としては、通信ができた場合は印象が変わってきそうな感じもある。iPad miniは、Wi-Fiがない場面にスタンドアロンでも使いやすいのだが、dTabは通信機能が伴わないと機能を活かしきれない印象なのだ。その辺りも、よりスマートフォンに近いという事が言えるかもしれないが、そうであればスマートフォンでも十分な訳なので、やはりタブレットとしてはちょっと違うのかもしれない。

|

« AISASモデルのゴール | トップページ | iPhoneとFeliCa »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64814785

この記事へのトラックバック一覧です: iPad miniとdTab:

« AISASモデルのゴール | トップページ | iPhoneとFeliCa »