« 通信量 | トップページ | 1人で弾く »

2017年2月23日 (木)

iPhoneのケースに耐えられない話

自撮りができないので写真に残せないのだが(Xperiaで撮れば良い話だが)、現在iPhone7は手帳型のケースを使用していて、フラップにPASUMOを入れている。

この形態(?)は、落としにくさなども含めて機能的には非常に使い勝手が良い(画面をカバーできるのでビデオやポケモンGoを立ち上げたままポケットに入れておけるとか)のだが、これまで基本的にはカバーなしでのスマートフォン利用をしていた身としては、デザイン的には少々落ち着かない。

個人的にはこうした身近なガジェットはデザインが重要だと考えていて、その点において手帳型ケースの鈍重さがどうにも気に入らないのだ。そもそもケースに入れて使うなら、中身はどうでも良い事になる(良くないです)。

これがiPhone7Plusのサイズなら、あるいは手帳的なスタイルも様になったかもしれないが・・・いやないな。機能重視で妥協はしているが、デザインとして考えた場合は、許容されるのはフィルムまでで、カバーはあり得ないというのが個人的な感覚である。

一方で、この組み合わせによりポケットに財布を忍ばせる必要がなくなった開放感も捨てがたい。電子マネーとしてだけであれば、iPhone7ならクリアはできるのだが(せっかくある機能なのにほとんど使っていない)、定期に関しては、Suicaではない身としてはなんともし難いものがある。現在のケースのフラップに入っているPASUMO、これが結構キーファクターであり、ボトルネックなのだ。

所持し始めて2ヶ月。そろそろケースも飽きてきたというか、なんとかならないかなと思うところである。
もっとも、昨日少し音声での文字入力というのを経験し、やっぱりApple Watchも良いかも〜などと思ったりしたので、そうなれば話が変わってくるかもしれない。

|

« 通信量 | トップページ | 1人で弾く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64928723

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのケースに耐えられない話:

« 通信量 | トップページ | 1人で弾く »