« 続・演奏会終了 | トップページ | 演奏会終了・その4 »

2017年2月15日 (水)

続々・演奏会終了

昨日はU響の最後の練習。これは自分にとって文字通り最後の練習だったのだが、その話はさておいて昨日の続きなど。

第4曲は前半最後のプログラム
断崖の街ガトは、聞いている時間の方が長いのだが、出番においては、やはり遅くならないことが求められた。この曲に限らず全体にテンポの維持というのが課題というか、走るというよりは遅くなる傾向があったのは、元の音楽のイメージだろうか。しかし奏者の感じているテンポ感は大抵の場合聴いている時のそれより遅かったりする。

真実の行方は、基本的にピチカートで、旋律に合わせていくのだが、スタート直後に始まるコーラスをもっと聴ければ良かったなと思い返したりする。本番中は指揮者ではなくマリンバのバチさばきに見とれていた。

風歌う、その旅路は、リズムパートといえばリズムパートなのだが、ボウイングが上手く決まらなかった。最後はえいやで決めてしまって、ビオラに合わせてもらったのだが、フレーズ感を考慮した場合にあれで良かったのかは疑問が残る。この手のボウイングは一旦脳内で回路ができるまではやたらと戸惑うのだが、これをすぐにアジャストできるかどうかが地力と考えると、なかなか処理できなかったので、衰えを感じたりしたのも確かだ。

悠然なる歴世は、4小節単位として最初に弾くCの開放弦の響きにこだわりたかったのだが、旋律に合わせてはじき方を変えるのを失念してしまったりした。それと周囲の音にかき消されていたかもしれないが、隣の弦に触れてしまったりして、余計な音が出てしまっていたかもしれない。なんというか、気持ちが盛り上がってやや冷静さを失っていたような気がする。

二つの思惑〜ルシェイメア〜は、ビオラの旋律の三度下を弾くという和声の響きに当初上手く馴染めなかった。チェロという楽器は旋律を弾くか、ベースラインを弾くかという事が多いので、個人的に内声的な音響バランスを作るのに慣れていないのだ。響きの違和感に耐えられなかったりして、楽譜の確認を求めたりもしたのだが、これは自分の感覚がついていけていなかっただけの話。


第5曲は後半冒頭の曲
月夜の街ロアは、参加の声がかかった時に、ソロがあるという話は聞いていて、音源(サントラ)を聴いてああこれかな〜とは思っていたのだが、冒頭はベースで先にやってくれたのでちょっと助かったりした。
正直(ベースと違って)それほど難しくはないのだが、自分の楽器はF音でのウルフが酷くて、それがようしょに出てくるため、音の処理にやたら苦労したりした。不思議と個人でさらっているときは出てこなくて、合奏の中でだけでてきたのは、微妙に音程が違っていたという事なのか、いずれにせよ楽器の鳴りに悩まされたソロだった。
ちなみにどういうわけかロアという街は砂漠の街と勝手に思っていたのだが、ゲームでは別にそうではないらしい。サンドペーパーも砂の音ではなくて、街灯の音という事だったのだが、どうしても最後まで月夜の砂漠を進むラクダのイメージが抜けなかった。


第6曲
彩りの大地は、記譜上の指定は同じ形なのだが、硬めに弾く、柔らかく弾く、弱く弾くと3パターンの弾き分けが必要な曲だった。こうした所で原曲のイメージを共有できていない課題が頭をもたげてくるのだが、指示が出るまでは同じように弾いていたはずである。(少しは曲の雰囲気に合わせていただろうが、それで良いのかという疑問は抜けていなかった。)

重なりゆく運命は、音の処理にボウイングの都合が出てしまった。今見返すと、これもアウフタクトで捉えていれば少し弾き方が違っていたかもしれない。今頃気付いても仕方ないのだが。
叙情パートでは、4ソリという指定があり、チェロパートは総勢4名なので削るかどうか迷ったのだが、これは各パート4人づつで弾くという指定なのだと捉えてそのまま4ソリで演奏。ただ、この後の賜りし絆へとの演奏効果としての違いは出せなかったかもしれない。

駆け行く記憶は、これも音量や弾き方を旋律に合わせて弾き分けるパターン。一応スコアを見ながら聴くべきパートやセクションを楽譜に書くようにしていたのだが、勘違いして弦のところを木管と書いたりもしていた。
C線のFは、これも少々鳴りにくい音で、音量が大きなうちは良いのだが、小さくなってくると響きの処理に苦労したりした。

賜りし絆へも、音域的に轟々と唸ってしまったのではないかという印象がある。再三音量は注意されたのだが、弾きやすさに流されてしまうのと、響きを作るためにある程度弦を鳴らさなくてはならないからだ。弱音時にいかに響きを作るかというのは、アマチュアにとって最大の課題ではある。

焔城は当初楽譜を見た時に拍感が分からず、やたらと戸惑ったのだが、団長のありがたいアドバイスにより3+3+2だと分かってからはスムーズになった。これも原曲のイメージを分かっていないから起こる事なのだが、単なる勉強不足とも言える。
やや勢いに任せて弾いてしまったため(裏返せば勢いがあるという事だが)、細かい部分で音は結構落としてしまっていた。本来はもう少し丁寧にさらっておくべきだった曲ではある。


またも時間が無くなったため、続く。
夜に書いた方が良いのかな・・・。

|

« 続・演奏会終了 | トップページ | 演奏会終了・その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64895540

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・演奏会終了:

« 続・演奏会終了 | トップページ | 演奏会終了・その4 »