« 演奏会終了・その5 | トップページ | スキーに行けない話 »

2017年2月20日 (月)

演奏会終了・・・と退団

先週の続きではなく、昨日一昨日に終了した演奏会について。

18日土曜日は杉並公会堂で上野の森交響楽団の定期演奏会。
今回はスタッフらしい役割もなく、することがなくて落ち着かないぐらい余裕のある状態で演奏会に臨んだ。

もちろん、余裕があったのは当日の時間の話で、演奏面についてはまったく余裕なし。正直にいえば、もう数回練習があれば何かつかめたような気もするのだが、そこまでたどり着かなかった。ドボルザークの5番は、接してみると名曲だったので、少々悔やまれるというのが実感だが、今シーズンに関していえばそれどころではなかったというのも確かだろう。

19日日曜日は府中グリーンプラザで府中市民交響楽団のミニクラシックコンサート。
こちらもスタッフ系はなかったので、演奏に集中することが出来た。前日打ち上げで深夜まで飲んでおいて「集中できた」かはやや微妙だが。

演奏に関しては、正直満足いくものではなかっただろう。緊張が出てしまったのは、結局これも練習不足である。白鳥などは普段から弾いていたはずなのだが、そういう気が緩んだ状態でただ弾き散らすというのは、あまり練習になっていないという事かもしれない。正直、リベンジをしたい程度の気持ちはある。


そして上野の森については、今回の演奏会をもって退団する事にした。

元々「常設オケ2、季節オケ1ぐらいなら大丈夫だろう」という想定で入団した平日練習オケの上野の森だったが、その後常設オケへの参加は3になり、これに季節オケや一発オケが2〜3入ってくるようになると、さすがに無理だった。特に平日に2つのオケは厳しい。そして、もう一つは自分が発起人の一人でもある会社オケなので抜けられない。

一昨年休団した段階で、そのあたりは見えていたのだが、諸々の事情により復団。何とかなるかと思いかけた矢先に異動で渋谷勤務になり、一見すると練習参加は容易になったように見えて、実はそうではないという事が明らかになり、その上での今回の2週で3公演という状況が「限界だ」という判断にトドメを刺したといっても良いだろう。

休団という形をとらなかったのは、目処が立たないままズルズルひきずるのは双方にとって良くないと考えたからだ。せっかく出来上がった関係がこうした形で途切れてしまうのはもったいないような気もするが、完全に切れるわけでもない。

さて、これでオケの数としては少し余裕ができるわけだが、一方で今回の3公演は色々と楽器を弾く上での課題も明らかになった演奏会でもあったので、できればその克服をしたい所である。

|

« 演奏会終了・その5 | トップページ | スキーに行けない話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64916711

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会終了・・・と退団:

« 演奏会終了・その5 | トップページ | スキーに行けない話 »