« 寄り道 | トップページ | コンタクトレンズ »

2017年3月 3日 (金)

組織崩壊の熱量

昨日はKオケの練習。本番は近いはずなのだが、参加率はそれほど高くなく、大丈夫なのかと不安になる。もちろん止まってしまうとか、そういった事故が起こる可能性が高いとまでは思わないが、演奏レベルとしてどうなのかという事はあるだろう。

とはいえそこが悩みどころで、演奏レベルだけを追求すれば本来の活動の趣旨からずれてしまう。仕事には影響を及ぼさず、初心者でも気兼ねなく参加でき、それでいて一定の演奏のレベルを求めるというのは、結構難しい。小さなバンドであれば、こうした状態はむしろ崩壊の危機にもつながりかねないような気もするのだが、そこはオケという規模のなせる技というべきか、ある種危機感は薄いままにローテンションで活動が続いているという感じがする。

もちろん、それは一概に悪いこととはいえない。大体においてこうした組織が崩壊する理由というのは、メンバーの熱量差を組織として吸収できなくなった時だ。崩壊することもあれば、分裂することもあると思うのだが、何れにせよ、全体の熱量と個々の熱量の差というのは、注意深く見つめる必要があるのだろう。

ちなみに自分の場合は、なるべくそうした熱量をあげすぎないようにしていたりする。

|

« 寄り道 | トップページ | コンタクトレンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64963918

この記事へのトラックバック一覧です: 組織崩壊の熱量:

« 寄り道 | トップページ | コンタクトレンズ »