« コンタクトレンズ | トップページ | 寄り道の目的 »

2017年3月 7日 (火)

SNSとメディア

昨日はコンタクトレンズなしでなかなかハードな1日を過ごしたのだが、姿勢の問題なのか、視力の問題なのか、仕事が終わる頃の肩こりが酷かった。昔は自覚がないなどとほざいていたのだが、今日もハッキリ自覚はあって、マッサージを受けたいのだが、あまりマッサージで回復した!と感じることも無かったりする。

昨日の日経MJに、「趣味・食の投稿 心に響く ■若年層、「ググる」より「SNS検索」」という記事があって、そういえばその手の話をここしばらく耳にする機会が多かったなと思いだした。個人的にSNSを「検索」というのはしたことがないので、なかなか実感として理解が出来ないのだが、そうした用途が中心になれば、それはS「N」S(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)というよりも、S「M」S(ソーシャル・メディア・サービス)だよなと考えたりもする。

もっとも、個人がコミュニケーションに使うのではなく、情報収集に使うということになれば、逆に企業などにとっては情報発信の場として使いやすくなる。企業がそうした参入をすれば、プラットフォーマーは広告モデルで収益につなげることが出来る。そのように考えれば、これはサービス側の仕掛けとも受け取れる。結局のところ、ネットワーキングをビジネスにつなげるモデルというのが確立されていないということかもしれない。メディアであれば、そこには先達が組み上げた収益モデルが存在している。

ジャーナリズムもメディア化し、ネットワーキングもメディア化する。そのように考えると、メディアという仕組みというか、ビジネスモデルは強大で強固であるとも言える。このモデルの強みは、メディアという概念の広さにあって、ようは「何でもメディア化出来てしまう」あたりにあるのかもしれない。

|

« コンタクトレンズ | トップページ | 寄り道の目的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/64982070

この記事へのトラックバック一覧です: SNSとメディア:

« コンタクトレンズ | トップページ | 寄り道の目的 »