« オケに慣れるという事 | トップページ | アークヒルズライブラリー »

2017年4月 4日 (火)

1日2公演

エイプリルフールのノリのつもりが変なスイッチが入ってしまい、勢いで星の調べ×テンプルナイツ交響楽団(以降HT響)にエントリーしてしまった・・・。

今回は参加できないと関係者に話しまくっていたのに、最後にはこの始末で迷惑な事この上ないが、迷惑はこれだけではない。当日はF響の本番の日で、ようするに本番をハシゴする事になるからだ。

正直にいえば、1日2公演というのは2016年にもあった。ただしこちらは午前公演と夜公演の組み合わせで、午前公演は20分程度のミニコンサートである。今回は午後公演と夜公演の組み合わせで、どちらもフルサイズの演奏会になる。(フルサイズどころか、H響はオペラサイズになる可能性もある。)

正気の沙汰ではない。

というか、通常であればこういう選択をしてはいけないのだろう。演奏のクオリティを維持できるかという奏者としての問題もあるし、こうしたイレギュラーな参加は運営方にも負担をかけてしまう。はっきり言って周りに甘えて自分のわがままを通しているだけである。

それでもエントリーをした以上は、ベストを尽くさなければならない。いや練習はベストを尽くせるのだが、肝心の本番が・・・。

そしてそうこうしているこのタイミングに、この両公演の6日前(7日前ではない)の公演のお誘いがきた。昨年は諸々あってお断りしたオーケストラEである。案内自体はメーリングリストで貰っていて、カレンダーに予定は登録しつつも、横目に眺めながら無理だろう無理だろうと自分に言い聞かせていたオーケストラだ。ああエクセルシス・・・今年は参加したい・・・。直接の声かけがなければそのままフェードアウトもできたのに、何故にこのタイミングで声がかかるのか。

しかもこのタイミングは、まだ決まってはいないがKオケの公演も平日夜に入る時期なのである。もしそれが中に入ったとしたら、2週で4公演どころか、1週で4公演というあるまじき事態になる。何だそれ。

それにしても、2016年に内輪の非公開演奏も含めて19回の演奏機会があり、これは流石に過密すぎて無理だとU響を退団したにもかかわらず、今の時点で2017年の演奏機会はすでに終わったものを含めて今日時点で14回・・・増えることはあっても減ることはないわけで、一体どうなってしまうのか。

何れにせよ、こういう状況になってくると「落ち着いたら」基礎を固めようとか、「時間ができたら」楽譜の勉強をしようといった話は一切通用しない。待っていたら何もできないわけで、思った端から進めていかなければならないのは間違いない。

|

« オケに慣れるという事 | トップページ | アークヒルズライブラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65106071

この記事へのトラックバック一覧です: 1日2公演:

« オケに慣れるという事 | トップページ | アークヒルズライブラリー »