« 1日2公演 | トップページ | 普通のオケとは異なる練習法のアイデア »

2017年4月 5日 (水)

アークヒルズライブラリー

昨日はふと思い立って(そして昨日書いた通り思い立ったら「いつか」などと言わずにすぐやろうということで)、アークヒルズライブラリーの見学に行ってきた。渋谷からだと電車でもバスでもそれほど遠くはなく、会社帰りでも(反対方向ではあるが)十分通える。

改めて思い返すと、平河町ライブラリーを利用していた頃は、比較的プライベート、もといオケ周りの事務作業が、まだスムーズにこなせていた気がする。平河町ライブラリーという、自分をその気にさせるための時間と場所を確保しやすかったからだ。今はそれがない。

平日の夜に通えるコワーキングスペースについては、渋谷にもいくつかあって、それも検討はしたのだが、コスト的な問題もあって踏み切れなかった。その時その時で、カフェで対応すれば良いやという考えもあっただろう。

しかしその辺りも限界のような気がする。もし昨日書いたようなオケ周りのハードスケジュールが実現するのなら(実現するのだが)、確実にやるべき事務作業を落とすという事態がいつか発生する。3月のKオケはギリギリだった。5月のF響は後手に回りつつある。他人にふるという考え方もあるが、「できないからふる」のではなく、「将来のためにふる」でなければ意味がない。

もう一つはやはり勉強不足というのを痛感しつつあるという事だろうか。仕事もそうだし、音楽もそうである。仕事は言わずもがなだが、音楽に関していえば、練習録音をきちんと聴き直す、楽譜を読むといった事もあまりできていない。結局それも時間を確保する必要があるからだ。

時間ができたら・・・と口を開けて流されていたらこうなったのだから、時間は自らの意思で確保しなければならない。

アークヒルズライブラリーの利点は、一般的なコワーキングスペースと違って、それが「ライブラリー」である事だ。平河町ライブラリーでも時々そうしていたが、より積極的に本を読もうと思ったら、このライブラリーの機能はとてつもなく魅力的である。
(もっとも昨日見学で見た限りでは、あまりその辺りは活用されていないようにも感じた。本来ああいったスペースを使う意識の高い人達は、そうでない場面で本を読んでいたりするのかもしれない。)

昨日の段階で入会の申し込みをしなかったのは、昨日は行くことさえ勢いだったので、一旦クールダウンして考えた方が良いだろうという判断だったのだが、基本的に気持ちは固まっている。

あとは申し込みと・・・実際にどれだけ利用するかだろう。

|

« 1日2公演 | トップページ | 普通のオケとは異なる練習法のアイデア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65110116

この記事へのトラックバック一覧です: アークヒルズライブラリー:

« 1日2公演 | トップページ | 普通のオケとは異なる練習法のアイデア »