« 記憶と忘却 | トップページ | オフの過ごし方 »

2017年6月20日 (火)

では練習スケジュールを並べてみよう

本日2本目のエントリーにはなるのだが・・・朝のエントリーに続いて、少し現状把握をしよう。現在平日練習オケであるU響は退団しているため、基本は土日のスケジュールがどうなるかなのだが、とりあえず9月までを並べてみる。

6月24日(土) (めずらしく)練習なし
6月25日(日) 午前F響 午後パート練習(という名目の個人練習)

7月1日(土) 午後夜間HT響(合宿岩井海岸)(※午前午後Y室内管)
7月2日(日) 午前F響(マエストロ練習)

7月8日(土) 午後Kオケ
7月9日(日) 午前F響 昼打ち合わせ

7月15日(土) 午後Kオケ
7月16日(日) 午前F響
7月17日(月・祝) Kオケ本番(午前リハーサル午後本番)(※午後Y室内管)

7月22日(土) 午前Kオケ本番 午後Y室内管 夜HT響(※午後HT響)
7月23日(日) 午前F響 午後U響本番(聴く方)

7月29日(土) 練習なし
7月30日(日) 午前F響 午後Y室内管

8月5日(土) 練習なし(だが予定はあり)
8月6日(日) 午前F響 午後Y室内管(※午前午後HT響)

8月11日(金・休) 午前午後HT響 夜Y室内管(G.P.)
8月12日(土) Y室内管本番(午前リハーサル午後本番・・・のはず)
8月13日(日) 練習なし
8月14日(月・休) 練習なし
8月15日(火・休) 練習なし

8月19日(土) 練習なし
8月20日(日) 午前F響(マエストロ練習)

8月26日(土) 午前午後HT響
8月27日(日) 午前F響(マエストロ練習)

9月2日(土) 練習なし
9月3日(日) 午前F響 午後HT響(※午前HT響)

9月9日(土) 午後夜F響(合宿山中湖)
9月10日(日) 午前F響(合宿山中湖)

9月16日(土) 練習なし(HT響調整中)
9月17日(日) 午前午後F響
9月18日(月・祝) 練習なし

9月23日(土) 午前午後HT響 夜F響(G.P.)
9月24日(日) 午前F響リハーサル 午後F響本番 夜HT響本番

・・・以降の練習予定はまだGoogleカレンダーに入力していないので、そろそろ入れておかなければならないのだがとりあえずピークとなる9月24日までをプロットすると、

F響 15コマ(欠席なし)
HT響 8コマ(重複による欠席3回)
Y室内管3コマ(重複による欠席2回)
※Kオケは基本平日練習

となる。こうして改めてカウントするとY室内管大丈夫かという気になってくるな・・・。

では、これに9月オファーのオーケストラEと10月オファーのMを(むりやり)加えてみよう。

6月24日(土) (めずらしく)練習なし
6月25日(日) 午前F響 午後パート練習(という名目の個人練習)

7月1日(土) 午後夜間HT響(合宿岩井海岸) (※午前午後Y室内管 午後オーケストラE)
7月2日(日) 午前F響(マエストロ練習) 夜M

7月8日(土) 午後Kオケ
7月9日(日) 午前F響 昼打ち合わせ

7月15日(土) 午後Kオケ 夜M (※午後オーケストラE)
7月16日(日) 午前F響
7月17日(月・祝) Kオケ本番 (午前リハーサル午後本番) (※午後Y室内管)

7月22日(土) 午前Kオケ本番 午後Y室内管 夜HT響 (※午後HT響 午後オーケストラE)
7月23日(日) 午前F響 午後U響本番(聴く方)

7月29日(土) 午前午後オーケストラE
7月30日(日) 午前F響 午後Y室内管 (※午後M)

8月5日(土) 練習なし(だが予定はあり) (※オーケストラE調整中)
8月6日(日) 午前F響 午後Y室内管 (※午前午後HT響)

8月11日(金・休) 午前午後HT響 夜Y室内管(G.P.)
8月12日(土) Y室内管本番(午前リハーサル午後本番・・・のはず) (※夜M)
8月13日(日) 練習なし
8月14日(月・休) 練習なし
8月15日(火・休) 練習なし

8月19日(土) 午後オーケストラE (※午後M)
8月20日(日) 午前F響(マエストロ練習)

8月26日(土) 午前午後HT響(※午後オーケストラE)
8月27日(日) 午前F響(マエストロ練習)

9月2日(土) 午前午後オーケストラE
9月3日(日) 午前F響 午後HT響(※午前HT響 午後M)

9月9日(土) 午後夜F響(合宿山中湖)(※午前午後オーケストラE)
9月10日(日) 午前F響(合宿山中湖)

9月16日(土) 練習なし(HT響調整中)(※午前午後オーケストラE)
9月17日(日) 午前午後F響(※午前午後オーケストラE)
9月18日(月・祝) オーケストラE本番

9月23日(土) 午前午後HT響 夜F響(G.P.)
9月24日(日) 午前F響リハーサル 午後F響本番 夜HT響本番

(以降10月15日午後、10月21日夜にMの練習があり、本番は10月28日)

F響 15コマ(欠席なし)
HT響 8コマ(重複による欠席3回)
Y室内管 3コマ(重複による欠席2回)
オーケストラE 5コマ(重複による欠席7回)
M 4コマ(重複による欠席4回)

・・・こうして並べると強行すれば不義理以外のなにものでもないような気がしてくる。

参加回数で言えば、例えばY室内管はオーケストラEよりも少ないのだが、実際にはすでに2回参加しているので総回数としては同じだし、曲はすべて経験済みというアドバンテージもある。オーケストラEは未知の曲というある種のハンデがある上、出欠の比率がよろしくない(でも出たいかと言えば出たい)。一部重なっている練習の中で、こちらを優先するという考え方もあるが、何とかなるという見通しがないまま参加表明をするのはかなりリスキーであるとも言える。

Mはこれも初の曲が多く、加えて少々シビアな事を言えば練習が結構ゆるい印象があるので、これで大丈夫かという不安がある。とはいえ、こちらも出たいかと言えば出たい。本番が過密に重なる9月ではなく、10月というのもポイントだろう。昨年もそうだが、どういう訳か秋以降はスケジュールに余裕が出てくる(それ以前に比べればという感覚が麻痺した話で、普通に考えれば実際にはかなり過密である。)

結局、出られる機会があれば出たいというのはある種の性のようなものなのだ。ただその中で、どこまで無理をするか、周囲に迷惑をかけるかという話でしかない。

さて、どうしたものかね。
(ちなみにKオケに関しては別の軸の動きがあって、9月と10月に多分本番があったりする。)

|

« 記憶と忘却 | トップページ | オフの過ごし方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65436840

この記事へのトラックバック一覧です: では練習スケジュールを並べてみよう:

« 記憶と忘却 | トップページ | オフの過ごし方 »