« 残業の捉え方 | トップページ | アマオケとエキストラの関係 »

2017年7月31日 (月)

オケへのエントリーを決めるという事

この週末は土曜日が1日練習で、日曜日が午前午後別オケの練習だったのだが、夜がないだけマシだよねとか呟いていたら「それは病気だ」とか言われたりしていた。夜は家でお酒を飲んだ結果、他に何もできずに終わるという、オケ三昧というよりもオケ廃人のような週末だったので、ある意味その通りかもしれない。

もっとも、それ自体はまぁ「充実している週末」とも言える。少なくとも「何をやろうか」と悩むような事はないからだ。

そんな話はさておき、ここしばらくオケへの姿勢を問われるというか、参加すべきだったか迷う案件が連続している。一つは来年2月本番にエントリーしたオケの本番を土曜日と勘違いしていて実は日曜日だったという問題。もう一つは、無理やりダブルヘッダーを決めたオケの開演時間が最終的に決まって、そもそも本番時間が被ってしまったという問題だ。

前者はやや特殊事情だが、個人的な決め事として、日曜午前中のF響の練習には(他オケの事情を)影響させないというものがある。これは最低限その程度の縛りがなければ、掛け持ちはすべきではないと考えているからだ。基本的には他のオケの場合も同様で、練習にどれだけ参加できるか、それが互いに干渉しないかというのが参加を決める際の条件になる・・・筈なのだが、これが徐々に崩れてきている。現状は2つどころか3つの練習が重なる事もあって、これは要するに「エントリーしすぎ」という事だろう。

それが何をもたらすかといえば、もちろん練習不足によるアンサンブルへのアジャスト不足という事態もあるが、オケ自体へのロイヤリティというか、帰属意識のようなものが薄れる結果につながっているように最近感じるのだ。練習への参加を基本的に欠かしていないF響でさえそうした気持ち的な「薄れ」が発生していて、つまるところ自分はどこのオケに所属しているかというアイデンティティのゆらぎのようなものが生まれてしまっている。

大げさなようだが、これは注意しなければならない。自分の気持ちはある意味どうでも良いかもしれないが、そうしたロイヤリティの低下は、「メンバーとしてなすべき事」への意識の低下を招くからだ。それは最終的にはオケ全体に迷惑をかける事につながっていく。それに自分の気持ちだって、ベースが無い状態でどこまでテンションを維持できるかといえば心許ないだろう。熱狂だけで乗り切れるのはそれほど長い期間では無い。

考えてみれば、昨年16回の本番を経験して、これは無理だと思っていたはずなのに、今年も同様の状況に陥りつつあるのは、実はあまり浮かれていて良い話ではないのだ。

で、二つ目だが、これはもう普通にダブルブッキングというやつで、本来はエントリーの時点で辞退すべき案件だ。それでも参加したかったというのは本音で、何とか間に合うかもしれないと淡い期待を抱いていたのがもろくも崩れ去ったにすぎない。どういう訳か運営その他の皆々様には受け入れてもらっているが、後のコンサートが開演した時にまだ前のコンサートで弾いている状態なのだから、普通はあり得ないブッキングである。

そして、こちらも「練習にはフル参加できていない」状態が発生してしまっている。これまた甘い話なのだが、それ故に「本音では参加したかった」はずのオケへの参加モチベーションが下がるという事態を招いてしまっている。

それでも、練習含め演奏している最中は楽しいのだから、何というか幸せな状態ではある。土曜日のオケは初見での参加で(注:通常初見で参加するのはオケプレイヤーとしてはマナー違反である)、久しぶりに未知の曲に対峙して「新たな発見をしながら弾けるようになっていく」興奮に包まれた。日曜日のオケでは、自分の知りうる範囲で最も上手いチェロプレヤーと再会して、久しぶりにその隣で弾く歓びを堪能した。これだからやめられないのだ。

さて、件の2つのオケだが、耳にした直後は一旦降りる決意を(本気で)したのだが、今更降りるというのは、どちらに対しても不義理であるのは間違いない。決めてしまったのは自分だし、周りがそれも含めて受け入れているのにこちらの都合だけで動くのは身勝手というものだ。覆水盆に返らずというけれども(別に覆水ではないが)、考慮すべきは「次の」決断であって、すでにしてしまった決断を覆してはいけないだろう。

とはいえ、9月のダブルヘッダーはともかく、2月の勘違いはその時期のスケジュール次第で苦境に立たされるという事があるかもしれない。その時はその時だと思いたいが、それも覚悟の上だという事で書いておく事にする。(まぁ書いておいても忘れていたのがこの勘違いエントリーの大元ではあるのだが。)

|

« 残業の捉え方 | トップページ | アマオケとエキストラの関係 »

コメント

ダブルブッキングが分かった時点で、どちらに出るのか決めて速やかに連絡するのがマナーです。

しょせんアマチュアなのに、年間出演回数が多く、そこそこ愛想もふりまき飲み会に溶け込み、団員さんから頼りにされ、勘違いする人がいるんですよね。トラ代も貰ったりして、プロの足元にも及ばないのに)職業音楽人かのような錯覚をおぼえてしまうという。

投稿: st | 2017年7月31日 (月) 21時43分

stさん コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、というか、ダブルブッキングはマナー以前に本来物理的に不可能でしょうね。ステージに穴を空けてしまうわけですから。むしろ職業音楽家と思っていればなおのこと考えられないでしょう。

「しょせんアマチュア」という書き方には、何やら苦々しい思い出があるように見受けられますので、過去そのような事をされてしまって苦労されたのかなと推察します。今後そういった方に邂逅されない事を祈っております。
(それと運営経験者として言わせてもらうとそういった勘違いをされていると思われる人はバッサリ切られた方がよろしいです。切られる方も楽ですし。)

なお念のためお断りしておくと、私はトラでのエントリーは基本しませんし、アマオケに参加するのにお金を取る前提の「エキストラ」というのは職業音楽家でもありえないなと考えております。もちろん呼ぶ側としては感謝の意として謝礼を払う訳ですが、謝礼を前提とした時点でそれはアマチュアリズムとはほど遠いなと考えるからです。
(一方でエキストラを呼ばざるをえないオケ側の事情というのも分かるので、一概にこのシステムを悪とはいえないのですが。)

では団員として考えた場合に、こうした事態にどう対処するかは団体ごとの考え方による訳ですが、今回ダブルブッキングができてしまうのは運営が寛容なのだなと感謝しています。エントリー時に、参加条件は満たしていないし他に希望者がいればそちらを優先するようにとお願いもしましたが、結果としては色々と配慮してもらう形になって大変恐縮しています。

投稿: ProjectK | 2017年8月 1日 (火) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65604868

この記事へのトラックバック一覧です: オケへのエントリーを決めるという事:

« 残業の捉え方 | トップページ | アマオケとエキストラの関係 »