« 老眼を実感する | トップページ | 早朝勤務の活用 »

2017年8月24日 (木)

早朝勤務推奨の矛盾

少し面白い話を見つけたので・・・。

まぁ確かに結局のところはその方が快適な人による推奨という名の強制だからなぁ。 「よく言われる「早朝勤務推進」はどの職場でも不評であることにも充分留意願いたい。」 / “働きにくい職場での働き方改革に求められる施策とは:ナレッジ!…”
働きにくい職場での働き方改革に求められる施策とは:ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦:オルタナティブ・ブログ
午後8:57 · 2017年8月22日

自分は朝型なので、早朝勤務推進それ自体は何か苦になる訳ではないのだが、この早朝勤務が「仕事がはかどる」とされる理由については、よく検証しなければいけないのではないかと思っている。

よく言われる理由は大きく二つあるだろうか。
一つは「朝は頭がスッキリしていて仕事に集中できる」
もう一つは「朝は邪魔が入らないので仕事に集中できる」
だいたい見かける「朝は効率が良い」理由はこの二つだ。

このうち一つ目は、先日も書いた生活リズムにも関係していて、科学的におおよそ納得できる。ただしこれは「起床後3〜4時間ぐらいが脳の活動のピーク」という話だから、絶対的な時間ではなくようは「起床後3時間で仕事がスタートできると効率が良い」というものだ。6時に起きれば9時だから、これを8時にするなら5時になるし、7時にするなら4時起床が必要になる。

ということは6時に起きて慌てて出社して7時から勤務という形になっては逆効果ということだ。これを根拠に早朝勤務推奨を行うのであれば、例えばそれを8時にするというなら、朝は5時に起きなさいという事をセットで推奨しなければ意味がないし、そんな話なら勤務スタートを早朝にするのではなく、「勤務開始の3時間前には起きよう」「起床後3時間後に仕事をスタートしよう」という推奨をした方がマシという話になる。

二つ目はもっと矛盾していて、「朝は邪魔が入らない」理由は、「他の人が出勤していない」からなので、それこそ「みんなで早朝から仕事をしよう」では意味がない推奨という事になる。これはそれまで早朝に時間をずらす事で集中する時間を確保していた朝型の人間の集中や効率を削ぐ結果にさえつながる話だ。

この場合重要なのは「皆が同じ時間割で仕事をすると各自の集中度合いは下がる(から時間をずらした方が良い)かもしれない」という捉え方だろう。フレックスや在宅勤務がその解決手段の一つかもしれないし、そもそも時間に関係なく、職場の机で集中できる環境が作れないというのは本末転倒なので、個室やブース化するといった対策も考えられるかもしれない。午後に集中タイムを設けていた会社があったが、それを午前にして会議や電話、会話を禁止するといった方策も考えられるだろう。対外的な営業時間は11時からとして、社員は9時から11時まで集中するといった具合にだ。

でもそうではなく「早朝勤務を推奨する」という発想がどうにも気になってしまうのだ。

|

« 老眼を実感する | トップページ | 早朝勤務の活用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65702750

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝勤務推奨の矛盾:

« 老眼を実感する | トップページ | 早朝勤務の活用 »