« 2017年9月 | トップページ

2017年10月23日 (月)

演奏会終了

金曜日の演奏会は無事終了。演奏場所と時間の関係で、多くの人に聴いてもらえたとは言い難い状況だったが、少々動線から外れている中で、わざわざ足を運んでもらっているという事を考えると、まぁ良かったと言えるだろう。少々バタバタしてしまったが、それは諸々初めての経験なので仕方がない。

今回のプログラムは会社に縁のある曲を選んだのだが、そう考えると会社と音楽との結びつきが意外と強いという事を思い知らされる。これは会社のオケとしてはとても有利な話で、社員向けであれ外部向けであれ、それを演奏すれば趣旨が一発で伝わる定番曲があるというのはありがたい事である。

終了後の有志打ち上げでは、次の演奏会に向けた選曲。春にはしっかりした演奏会がしたいという思惑はありつつも、目先の演奏機会(とにかく多い。今年は残り1回を含めて6回である)に流されてきてしまっているのだが、それなりの演奏会を行うためには時間も必要である。回数を重ねていれば、聴く側の期待値も上がっていく訳で、レベルアップをどうやって果たしていくのかという課題もある。

改めて、考えなければいけない事は目白押しだと感じるのだが、一つひとつの区切りを大切にしながら、きちんと活動が継続していけるように(オケを)育てていきたい。それが生み出してしまった者の責任でもあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

会社で演奏会

今日は諸々な事情があって楽器持ちである。いや諸々というほどの事情ではないか・・・。

Kオケが会社の公式なイベントで演奏をする事になった。オケのメンバーは、強制招集という程ではないが、参加者はイベントのスタッフ扱いとなり、いわば「仕事として」演奏をする事になる。これはある意味オケとしてとてつもない一歩前進であると同時に、より身を引き締めなければならないという事でもある。

ただ、諸々考えると課題は大きい。

今回は強制招集ではなかったのだが、仮に強制招集をしたとしても、現在のオケのメンバーはフルオケどころか室内オケを編成するにも苦労する陣容だ。人がいないというよりも、偏りが大きい。むしろ全員を招集されてしまうと、その方が困るという偏り方をしていて、当初ステージでの演奏を構想していたのがロビーコンサートになったのは、そうした影響が大きいだろう。もちろんレベル的な問題もあるが、そもそもステージ映えしない編成になってしまうのはいただけない。(ようは「オケっぽくない」ステージになってしまうという事だ。)

一足飛びな感じで公式行事に顔を出したため、それを目にした社員の反応も気になる。事前のアナウンスはされているので、全くのサプライズではないのだが、社員によってはそれを業務的な位置付けで行う事に反発を感じる事もあるだろう。その辺りの摩擦を全く考慮していない訳ではないが、根回しとしてどこまで周知できたかというのも微妙である。
(特に今回の場合エリアイベントではなく全国イベントのため、普段我々の活動を目にしている近隣の社員だけでなく、全く存在すら認知していない社員にも触れる事になる。基本的に会社はいい人の集まりなので、大きな心配はしていないのだが、それでも反発を覚えない人が全くいないかといえばそうではないだろう。)

今回のイベントは一回限りではなく、毎年行われているイベントだという事も(冷静に考えれば)悩みのタネで、今年は勢いで乗り切っても、では来年はどうするのかという話がある。今回はたまたま様々な好条件が重なってここまできたが、継続性を考えるとかなり頭が痛い。会社のイベントとなると、普段の演奏会のようにエキストラを呼ぶというのも難しい中で、どこまで維持できるのかという問題がある。

結成4年でここまできたのは、ある意味嬉しい事ではあるのだが、さらなる課題も上積みされたという事で、とはいえこの機会をポジティブに捉えて、どう活かすかという事を考えた方が良いのだろう。

まずは演奏をきちんと行って、今日という日を乗り越える事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

見る専と書き専

昨日話していてふと思ったのだが、SNSにはいわゆる「見る専」クラスタの他に、対極的な「書き専」クラスタというのが存在する。コミュニケーションというのはあまり意識せずに、ただ発信したい事を(時には発信「したい」という欲求すらなく)書き綴るタイプの人という事だ。

例えばこれらの人種というのは、いいねがつくとか、コメントされるという事もあまり意識しない。ようは独り言をどこで言うかというだけの話で、一見するとSNS上で活発にコミュニケーションを図っているように見えて、実はそんな事は毛ほどにも考えていないという事だ。

これは極端な傾向での分類なので、実際にはそうは言っても多少はコミュニケーションを意識するのだろうが、元々がそういった感覚なので、例えばSNS疲れなどという事も少ない。
(そもそもSNS疲れというのは、コミュニケーションに疲れるというのが根っこの話なので、SNSに特有な事例でもなんでもなく、世の中に当たり前に存在する。SNSに疲れない人間というのは、SNSをコミュニケーションの要素ではあまり捉えていないというだけなのだ。)

SNSは多数の「見る専」と一部の「書き専」とその中間層で成り立っているのだ。

で、広告や公式アカウントというのは、そうした書き専クラスタの領域を侵食するものなので、それがあまりに増えてくると、発信される総量が増えてしまって、結果としてSNSとしての適度なバランスを損なってしまうのではないか・・・という話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

カレンダーとタスク管理

昨日に引き続きGoogleカレンダーの話なのだが、自分の場合、現状は会社のもの含めて5つのカレンダーを使い分けている。

一つ目は打ち合わせやアポイントなどの予定を入れるメインのカレンダー。
二つ目は個人的作業などのタスクを入れるカレンダー。
三つ目は直接かかわらないけれども覚えておいた方が良い予定などを入れるカレンダー。
そして四つ目がオケ関係の予定を入れるカレンダー。

一つのカレンダーで管理をする方法もあると思うのだが、それぞれの予定を直感的に把握しやすいように色分けをするために、数年前から使い分けをするようになった。予定の色を直接変える方法もあるのだが、時としてそのカレンダーだけを表示させたい事があり(主にオケのカレンダーだが)、色分けではなく使い分けを行なっている。

そのうちメインのカレンダーとオケのカレンダーはまぁ良いのだが、タスクのカレンダーとその他のカレンダーはあまり上手く使えていない。特にタスクだ。アポにせよオケにせよ、それらの予定は自分一人で決まるものではないので、「決まったもの」を入力するだけなのだが、タスクは何をやるか自分で「決めたもの」を入れる必要があり、これがなかなか決められない上に、決めてもなかなかその通りに実行できない。

では予定に入れていないから何もやっていないかといえばそうではない訳で、その辺りをその場の勢いでやってしまっているので、時として抜け落ちたりしてしまうのだ。

カレンダーでのタスク管理に切り替える(切り替えたと言えるかは微妙だが)前は、Toodledoなどのタスク管理サービスなども使用してみたりしたのだが、どこかしっくりしないというか、結局運用できずにやめてしまった経緯がある。そんな訳で今はそうしたリストもないので、やる事の優先順位などもあまり立てられていない。
(もっともこの1年はやってきた仕事をこなすだけで精一杯かつ十分だったという事情もなくはないが。)

そんな訳で、昨日も書いた「ゴール」の機能をうまく活用できないかと思ったりするのだが、これあまりプロジェクトとして何かをするような仕様にはなっていない感じなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

計画を立てる機能

Googleカレンダーには「ゴール」という機能がある。これはトレーニングや自己啓発を登録すると、最適な時間を見つけて予定に入れてくれるというものだ。

時々気になって使ってみようとするのだが、なかなか上手くいかない。多分全ての行動をGoogleカレンダーには登録している訳では(流石に)ないので、そうした最適な時間を見つけるというアルゴリズムが最適化されないのだろう。

予定を決められてしまうなんて・・・という感覚もあるかもしれないが、例えば会社の役員などは秘書や周囲に行動や予定を決められてしまう事が多々あるし、多くの近未来SFではAIに「次の予定は?」と尋ねるシーンがよく見られる事を考えれば、それ自体は恐らくそれほど否定的に捉えるべきではない。言ってしまえば、自らの活動におけるPDCAのうち、自分でやらなければならないのはDoのみで、その他はアウトソーシングが可能という事だ。

もちろん、Planを立てる上での前提は持っていなければならないし、仮に秘書やAIがPlanを作成するにしても、その部分の共有なしでやれば、意味のないスケジュールになってしまうのは間違いない。そう考えると、Googleのゴールを活用できないのは、そうした「Planの前提となる目標や行動原理」のようなものを自覚せずに、テクニカルにプランニングだけを任せようとしているからとも言えるかもしれない。

しかしここしばらく書いているように、とにかく時間をどうマネジメントしていくかという事が、直近の課題なのである。計画を立てる事が重要という訳ではないのだが、どうやって時間を作っていくのかという事も含めて、こうした機能を上手く使っていく事も考えていくべきなのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

背中を見る

この土日もオケ三昧であったのだが、まずは土曜日のGAオケ(とでもしておこう)の練習についてなど。

以下のtweetが、内容を物語っている。

それにしても今日の練習は楽しくてかつ参考になった。スキーでもオケでも、上手な人の背中を見るってのはとてつもなく参考になるんだなぁ。今日の練習は本当に感動的だったよ。

元々日曜本番でF響の練習にかぶるGAオケに乗る事を決めたのは、(色々懇願された事もあるが)プロが一緒に乗るという事がある。ソリストとしてのプロとの共演は少なくないが、プレイヤーとしての共演はなかなか出来る事ではない。

もう一つ加えるなら、例えばオーケストラEも同様にプロとの共演なのだが、こちらは楽譜の難度が高いのでそのプロの背中を見て学ぶ余裕がない。スキーで言えば、コースの難度が高すぎてその攻略に精一杯になってしまい、先行する相手を実際には見れていないという話である。GAオケはその辺りの曲の難易度も適当で良い。

自分のスキー人生の中で、もっとも印象に残っている体験といえば、勝手に師匠と仰ぐ人の背中にくっついて3km弱のコースを一気に滑走した事であろう。レッスンでは遠くから眺めるしかないが、真後ろを滑れば、コースどりから荷重移動における姿勢の変化まで手に取るように分かる。ついて行く事が可能なコースであった事も大きいが、あのわずか数分の滑走で得られた情報と感動は計り知れない。

そんな訳で今回のオケの練習はとても楽しみなのだった。

それともう一つ、では自分はトップとして座っている時に、そうしたインパクトを周囲に与える事が出来ているだろうか、などと思ったりもした。スキーで言えば、インストラクターは「伝えるために見せる」滑りというのを意識的にやっている。テクニック云々はさておき、トップであればトップであるなりの情報の伝え方がある訳で、そんな事も考えさせられたセッションだったのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月13日 (金)

オケの計画性

今日はMacBook Airを持参。雨の日なので鞄が重くなるのは避けたいところなのだが、それが必要な作業がある以上やむを得ない。朝それができるのはサマータイムが終了したおかげだが、MacBook Airでなければ出来ないのは、その作業がMSオフィスに依存する作業だからである。例えばGoogleドキュメントにしておけば、必ずしもMacBook Airである必要はないのだが、そのあたりの見直しは、しなければしなければと思いながらなかなかできていない。

一方で作業効率的に考えれば、このブログの執筆一つをとっても、MacBook Airの方が効率は高い。そのあたりのトレードオフというか、ツールの選択は悩ましい所である。

とりあえず週末までにやっておきたかった作業は終了。今日の夜は会社の壮行会、明日は終日練習+夜懇親会という中で、明後日の練習までに間に合わせたい資料をとりあえず作成できたので良かった。

このあたりのタスクをどう計画的に片付けていくかというのは、昨日のエントリーに通じる話である。仕事以上に危ない綱渡りをしているのがオケ関係という事で、そのあたりもきちんと計画して、今日のような形にはならないようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

計画性

漠然と「今週はこれをやる」「今日はこれをやる」と考えているだけでは、やる事が回らなくなってきた。回らないという事に加えて、抜け落ちる。ちなみに会社の仕事だけの話ではもちろんない。

個人的には、抜け落ちるような事はやらなくても良い事という割り切りもあるのだが、やはり知らぬ間に抜け落ちるのは気持ちがよろしくない。ギリギリで思い出して、無理やりやっつけでやってしまうのも、正直(できた時の達成感はともかく)あまり気持ち良いものではない。

つまるところは計画性の問題である。

もっとも、仕事術としては、締め切り直前の集中力を生かす、という考え方もあるらしい。とはいえ、それをやっつけでなくするためには、それ自体を計画として組み込んでおく必要があるという話で、別に計画性がなくて良いという話ではない。

以前はタスクリストを使用していたのだが、最近はほぼカレンダーに集約している。「やる事」だけをリストアップしても、肝心の時間が確保できなければ何もできないからだ。で、なるべく登録するようにしているのだが、短期的・単発のタスクを「やる事として」登録するのはまぁできているのだが、長期的・複数のタスクを「計画として」登録する事が出来ていないため、結果として日々の「やる事」に忙殺されて、「計画」が回っていない。というか、立案すら出来ていない。

元々カレンダー管理が長期的なプランニングに向いていないかといえばそういう事はなくて、本来は先まで登録できるカレンダーの方が向いているという考え方もあるはずだ。ただしそれは「立案する」プロセスがきちんとあって、加えて実際に立案するスキルが必要になる。これがあまりできていないのだろう。

実際にはこの立案だけはカレンダーとにらめっこをしてもできない訳で、その辺りをどうにかしなければならない問題ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

音楽を聴く

昨日こんなtweetをしていた。

そしてもう一つ気になるのは、今耳元で聴こえる音楽の音質が以前より落ちたように感じられる事。プレイヤーは以前使っていたiPodnano、ヘッドフォンも同じくATH-ESW11LTD。それで音質が前ほどの感動がないというのはどう考えたら良いのか。

XPERIAに音楽を取り込むのを一旦見送っているので、iPod nanoを復活させて、ヘッドフォンも久しぶりに有線のものにしているのだが、どうも音質的に感動がない。Bluetoothのヘッドフォンに比べて格段に違うといったことは期待していないのだが、有線か無線かというよりも、ATH-ESW11LTDは個人的にかなり気に入っていたヘッドフォンなのに、何か違うような気がするのだ。

気がするだけかも知れないけれども。

そもそも電車の中で聴くクラシック音楽に、過度な期待をするのは無謀というものであろう。
仮にハイレゾにした所で、周囲の轟音を何とかできるものではないし、これをノイキャンモデルにしたとしても、元々の音源の音質は改善できるものではない。伝説と呼ばれるような名盤の音源は時にはモノラルだったりするわけだし。

それでも繊細な音を求めてしまうのは、人の性というか、業というか、いやそれは大袈裟だけれども、少々贅沢にすぎる気はする。

まぁ、聴きたいのは音楽であって音質ではないのだから、あまりその点を云々しても仕方ないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

Xperiaへの機種変更

週末にiPhone7からXperia XZ Premiumへの機種変更をした。今回はオンラインショップに申し込みをしていたので、「届いた」というのが正しいが、連休を狙っての注文ではある。

iPhoneからAndroidへの機種変更というと、前回のGoogleアカウント認証のトラブルが思い出される。ようは2段階認証のコードの送り先を変更する端末のキャリアメールアドレスにしていた事で、Googleアカウント認証をしなければ端末が起動できず、端末を起動しなければキャリアメールが受け取れないというトラブルだ。

で、今回はふと思いついて、先に自宅のWi-Fiに接続してGoogleアカウントの認証を行い(その段階ではSIMを差し替えていないので、キャリアメールの受取先はiPhone7)、そのSIMを差し替えるという手順にしてみた。結果何の問題もなく終了し、どうしてショップではその方法をとらないのかと考えたりする。Googleアカウントは新規に取得するものと思っているという事だろうか。

何れにせよ、機種変更は無事終了。おおよそのアプリの導入も終了し、あとは細かい使い勝手などを調整していくだけである。それと下取りを申し込んでいるので、その手続きが終わればすべて終了になる。

その後2日ほど使っているが、気になるのはバッテリーの状態ぐらいだろうか。ただこれはもう少し使い方が安定するまではやむを得ない。今の所インストールしたアプリの設定はほぼ初期の推奨状態で使用しているので、余計な通知などもおいおい整理をしていく事になる。

それでも何度か書いているが、ウィジェットやアイコンの配置に自由度があるAndroidの方が自分には合っている気がする。

それと画面が大きくなったためか、単純に文字が大きくなって読みやすくなった。これは歳の問題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

Xperiaへの

機種変更の申し込みをした。

申し込んでしまった以上、あとは待った無しである。iPhone7の下取りも同時に申し込んでいるので、早急にそのための準備を進めなければならない。

と言っても、基本的にはそれほど手間ではない。音楽だけは来てから考えるとして、準備が必要なのはSuicaのチャージ金額を使い切る事ぐらいだ。iPhoneからAndroidへの機種変更はできず、一旦退会となるため、払い戻しが必要になるのだが、手数料がかかるので、それなら使い切ってしまった方が良い。

写真はGoogleフォトとDropboxで自動バックアップされているので問題なし。
その他、基本的には端末に依存する形での情報はほとんど無いので、今日店頭で切り替えても実はそれほど問題はなかったりする。

そのはずなのだが、まぁ念のため一通りアプリは立ち上げて確認しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

iPhoneからXperiaへの

機種変更をしたい気持ちが高まってきた。

定期的に訪れる発作のようなもので、切実なニーズがある訳ではないのだが、下取りの状況とかを考えると悪いタイミングではないとも感じている。今ならまだどっぷりつかっている訳でもないので、戻すのもそれほど難しくはない。
(Suicaは使い始めてしまったので、もう戻せないのだが、これはやむなしとしよう。もっとも、定期がPASMOである以上、そもそもSuicaをどれだけ使用する必要があるかは、やや疑問である。iPhoneではある意味一択だが、Androidであれば電子マネーの選択肢はもう少し広い。)

諸々のサービスを移行するのはそれほど難しくない。最終的に一番面倒そうなのは音楽データなのだが、これもある程度はなんとかなりそうである。

さて、どうしようかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

サマータイム

先週でサマータイムが終了し、今朝からは朝の時間にやや余裕ができる(ちなみに昨日は先週までの勢いで入れてしまった打ち合わせがあったのでサマータイム通りだった)。30分程度ではあるが、その30分でできる事は少なくない。毎日ほぼ決まった形で確保できる時間だからだ。

しばらくはリズムを取り戻すのに使いそうだが、振り返ってみるとサマータイムは正直使えていたとは言えないだろう。朝をさらに早くするのは(カフェのオープン時間などを考えると)無理だったし、では夜早く上がって何かできたかと言えばそれも怪しい。最初の頃は銀座に楽譜を買いに行ったりしたのだが、そんな事は度々あることでもない。

与えられた時間を与えられた通りに使いこなすのは難しい。自分で使いたいと考え、自分で確保した時間でなければ、結局は押し付けられた時間だからだ。そうした事は、与える(押し付ける)側というのはなかなか気がつかない。無論サマータイムではなく通常の定時であっても、与えられた時間であることに変わりはないが、サマータイムに関しては、明らかに与える側の都合というか、論理しかなかったような気がする。

大体それが自然であれば、とっくに社会全体に普及しているだろう。そもそもサマータイムというのは、時計自体をずらす取り組みで、世間と時間をずらすことではない。それは単なる経営側の都合でしかない。

とはいえ、都合を押し付けられるというのは様々あるので、いちいち目くじらを立てていても仕方がない。本来はそれはそれとして順応すべきもので、放っておけば来年も否応無しに来るのだから、自分としてどう活かすのかという事はよく考えておく必要があるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

第九の練習スタート

F響の第九の練習がスタートした。

2年に一度開催される第九演奏会は、考えてみたら過去2年間の地力の変化を見る絶好の機会である。定期的に同じ曲を繰り返す中で、何ができるようになって、何ができなくなっているのか。特にできなくなってきているのは何かを見極めるのが重要であろう。

第九はたまたまというか大学1年の時の定期演奏会で経験している。本格的なオケデビューの曲といっても良いだろう。まずその時点で執拗にさらっている曲であり、その後社会人になってからも、2年毎に演奏をしてきた。生涯で最も弾いているといっても過言ではない。

それでも、徐々に弾けなくなってきている・・・気がする。

まず細かいパッセージをおざなりにするようになってしまっている。もちろん都度丁寧にさらわなければ弾けるように回復はしないのだが、その努力を放棄してしまっているような所があるのだ。それでも「なんとなくは」弾けているような気分になるのが、知っている曲の問題点だろう。まずはこの点を是正しなければならない。

似たような話だが、指の記憶に頼っていて、改めて楽譜を見ていない所もある。意識せずに弾く事は、音の精度を下げてしまうのだが、逆に言えば「意識がついていけなくなっている」ともいえる。反射で弾くのはスポーツであって音楽ではないだろう。脊髄反射ではなく、大脳の活動の延長として「音を出す」という行為が必要なのだ。これは馴染んでいる曲ほど注意しなければいけない。

それらとあわせて、全体に演奏や楽譜に対する注意が雑になっている。弾いてしまってから(音が出てしまってから)「あ、そうだった」と気づくなど、全体に知っている曲への甘えというか、注意力・集中力が散漫な傾向があった。周囲に気を配らなければならないのは当然だが、周囲に気をとられてしまっては意味がない。

全体に意識や気持ちの問題が気になるのは、そうはいっても譜読みというレベルではある程度読めているからであるのだが、前回よりさらに弾けるように、といった事を考えた場合に、まずはそこから改善しなければならないのも確かである。流されるように弾いていたら、過去必死にさらった資産を食いつぶしていくだけで、新たな蓄積にはつながらない。

そんな事を考えながら、年末に向けていこうと思ったのだった。
もっとも、そんな事は毎回思っていて、でもなかなかできていないというのが実情なのだけれど。

とりあえず早めにスコアを取りに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ