« 見る専と書き専 | トップページ | 演奏会終了 »

2017年10月20日 (金)

会社で演奏会

今日は諸々な事情があって楽器持ちである。いや諸々というほどの事情ではないか・・・。

Kオケが会社の公式なイベントで演奏をする事になった。オケのメンバーは、強制招集という程ではないが、参加者はイベントのスタッフ扱いとなり、いわば「仕事として」演奏をする事になる。これはある意味オケとしてとてつもない一歩前進であると同時に、より身を引き締めなければならないという事でもある。

ただ、諸々考えると課題は大きい。

今回は強制招集ではなかったのだが、仮に強制招集をしたとしても、現在のオケのメンバーはフルオケどころか室内オケを編成するにも苦労する陣容だ。人がいないというよりも、偏りが大きい。むしろ全員を招集されてしまうと、その方が困るという偏り方をしていて、当初ステージでの演奏を構想していたのがロビーコンサートになったのは、そうした影響が大きいだろう。もちろんレベル的な問題もあるが、そもそもステージ映えしない編成になってしまうのはいただけない。(ようは「オケっぽくない」ステージになってしまうという事だ。)

一足飛びな感じで公式行事に顔を出したため、それを目にした社員の反応も気になる。事前のアナウンスはされているので、全くのサプライズではないのだが、社員によってはそれを業務的な位置付けで行う事に反発を感じる事もあるだろう。その辺りの摩擦を全く考慮していない訳ではないが、根回しとしてどこまで周知できたかというのも微妙である。
(特に今回の場合エリアイベントではなく全国イベントのため、普段我々の活動を目にしている近隣の社員だけでなく、全く存在すら認知していない社員にも触れる事になる。基本的に会社はいい人の集まりなので、大きな心配はしていないのだが、それでも反発を覚えない人が全くいないかといえばそうではないだろう。)

今回のイベントは一回限りではなく、毎年行われているイベントだという事も(冷静に考えれば)悩みのタネで、今年は勢いで乗り切っても、では来年はどうするのかという話がある。今回はたまたま様々な好条件が重なってここまできたが、継続性を考えるとかなり頭が痛い。会社のイベントとなると、普段の演奏会のようにエキストラを呼ぶというのも難しい中で、どこまで維持できるのかという問題がある。

結成4年でここまできたのは、ある意味嬉しい事ではあるのだが、さらなる課題も上積みされたという事で、とはいえこの機会をポジティブに捉えて、どう活かすかという事を考えた方が良いのだろう。

まずは演奏をきちんと行って、今日という日を乗り越える事だ。

|

« 見る専と書き専 | トップページ | 演奏会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/65938940

この記事へのトラックバック一覧です: 会社で演奏会:

« 見る専と書き専 | トップページ | 演奏会終了 »