« 楽器の練習をゴールに設定する | トップページ | ヘリコア »

2017年11月 9日 (木)

カレンダーの使い分けの見直し

昨日ちらっと書いたように、現状自分のGoogleカレンダーは4つ(+α)を使い分けている状態にある。

・メインのカレンダー
・オケのカレンダー
・タスクのカレンダー
・その他のカレンダー
(・会社のカレンダー・・・外部からは参照不可)

使い分けをしているのは、それぞれ色分けをする事で直感的に予定のバランスを掴みやすいのと、例えばオケの予定だけを見たいという時があるからだ。

なのだが、ゴールの設定において他のカレンダーが自分の予定として認識されないとすると、それはちょっと不都合である。特にプライベートの大半を占めるオケの予定(ちなみにオケ関係の飲み会なども含む)が認識されないと、プライベートに設定するゴールの時間(変な言い方だ)がかぶってしまう。

では同一カレンダーにして色分けをするか・・・。

タスクに関してはそれでも問題ないだろう。実際の所タスクと予定を分けるのはあまり意味がない。主に仕事関係のタスクになるが、会社のカレンダー上は同じカレンダーで管理しているからだ。その他というのは自分が直接関係しないが把握しておいた方が良い予定なので別のままで問題なし。やはりオケ関係の予定をどうするかというのが悩みどころになる。

元々カレンダーの使い分けを始めたのは、Googleカレンダー上での予定の色分けがアプリの関係で反映されなかったりしていたからだが、公式アプリを使うようになってそういった問題もなくなっている。そういう意味では、一本化しても色分けを丁寧にしておけば問題はなさそうである。あえていえばオケの予定だけを参照したい場合というのがあるのだが、そうしたい時というのは滅多にないといえばない。

それと書きながら思った事だが、オケの「実際の練習枠」と「自分の参加予定」が食い違う場合に、従来のオケ用カレンダーを練習枠、自分の参加予定は自分のカレンダーに登録するようにすれば、両者の違いが嫌でも目に入って、今年のような無茶なスケジュールはやめようという気になるかもしれない。

そうなると当面はオケの練習予定を従来のオケ用カレンダーで、自分の参加予定をメインのカレンダーで管理していくというスタイルになるだろうか。二重登録になるのだが、例えば仕事関係は最初から会社のカレンダーと自分のカレンダーの二重登録なので、それ自体は面倒という程の話ではない(手間は増えるが)。

となるとまずは先の(オケの)予定についてメインカレンダーにコピーする作業をしなければならない。最初だけは件数が結構なボリュームになってしまうが、やむを得まい。

|

« 楽器の練習をゴールに設定する | トップページ | ヘリコア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66021172

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダーの使い分けの見直し:

« 楽器の練習をゴールに設定する | トップページ | ヘリコア »