« スキーの予定をたてる | トップページ | オケ飲み友 »

2017年12月20日 (水)

先倒しの余裕感

昨日は休肝日という事で、では資料作成なり編曲なりをするかとMacBook Airを鞄に入れておいたのだが、仕事が終わってみると気力が失われていたので、家に帰ってダラダラしていた。今週はこの後飲み会が続くので、何かできるとすれば昨日だけだったのだが、まぁ気力が湧かないのは仕方がない。ようは仕方がないと先送りできる程度の作業という事なのだが、その程度のスケジュールの余裕感はあるという事でもある。

先倒しで物事を考えていくのは難しい。

例えば半年後の企画に対して、今の段階で何か出来るかといえば、あまりないだろう。もちろん長期に渡って少しずつ準備を積み重ねる案件というのもあるが、例えば1ヶ月と見積もれる準備を半年前にやってしまっても、結局直前に同じくらいの労力をかけて調整をする事になったりする。その場合必要なのは、ゴールのタイミングに合わせてスタートを調整するか、1ヶ月の作業見積もりを半年に分散化するかだ。スタートを調整すれば結局慌ただしいままという事になるので、出来るなら分散化した方が良いと思うのだが、多くの場合は集中した方が作業効率が良く、分散化してしまうと集中力や緊張感が持続できなくなったりする。

先倒しというのは、基本的に分散化する事でスタートを早くしつつ、ゴールに合わせて仕上げていくという事だ。分散化する事で作業強度を下げ、時間というよりもむしろ作業に余裕を持たせるようにする考え方だと思うのだが、そうした余裕は時に作業者に不安をもたらしてしまう場合があり、結果として複数の案件がさらに入り乱れるようになってしまいやすい。

何やら複数のオケを掛け持ちする心理と似ているような気がしてきた。余裕というのは完成度を高めるために使うものであって、その他の事をするために使うものではないんだよね・・・。

|

« スキーの予定をたてる | トップページ | オケ飲み友 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66178994

この記事へのトラックバック一覧です: 先倒しの余裕感:

« スキーの予定をたてる | トップページ | オケ飲み友 »