« データマーケティング | トップページ | 雑感 »

2017年12月27日 (水)

オフィス内ノマドワーク

昨日うっかり引用ツイートで残業についてポストしたら思わぬ広がり方をしてしまって引用した相手に申し訳ない事をした。何がどう伝わっていくのかは分からないのだから、こうした事はもっと注意深くやる必要があるのだろう。そもそも自分は書き専クラスタなので、読み手がどうというのをあまり考えたことがない。そういう感覚に他の人を巻き込んではいけない。

それはさておき、今の職場に移ってから離席時のクリーンデスクをあまり言われることがなく(以前は2時間以上離席する場合は机を空けるルールがあって、自分自身は1時間や30分でも予定された離席であれば席を空けるようにしていた)、朝席を決めてしまえばその日は自分の席で良いという感覚になってしまったのだが、先日3時間以上離席の場合はクリーンデスクにしようという発令があって、さてどうしようかとなってしまった。

何をどうしようかって鞄の件である。リュックタイプの鞄に替えたばかりだが、日中頻繁に席を替えるのであれば、やはりひらくPCバッグの方がはるかに機動性が高い。というか、リュックタイプでオフィス内ノマドワークは現実的には不可能である。ひらくPCバッグは、前のオフィスで文字通りノマドワークを実現するために用意したものなのだ。

考え方は2つある。

一つは、鞄を元に戻すという選択肢だ。しかし通勤時の体の負担などは明らかにリュックタイプの方が低い。夏になると背負うのがしんどくなる可能性があるので、通年でどうかという問題はあるが、少なくとも冬のうちは快適なのは間違いない。

今一つは何れにせよ今は使っていないので、ひらくPCバッグをオフィスに常備して職場用のオーガナイザーとしてしまう事だ。ただこれは一見良いプランに見えるのだが、実はサイズ的にそのままだと個人ロッカーに入らない可能性が高い。いや入るとは思うのだが、その為にはスペース確保のためにロッカーの整理から始める必要がある。現状ではスペース的に少し余裕が足りない。

後者には、加えて通勤時のリュックはどうするのか問題が立ち塞がる。固定席がないというのはそうした荷物を置いておける場所もないという事だ。といって個人ロッカーには、これは流石に物理的に収まらない。

そうなると結局鞄を元に戻すことになるのか。

それにしても個人的に釈然としないのは、それを言い出した(偉い)人自身は基本的に我が物顔で同じ席を固定的に使っていて、居ない時も周りが気を使ってなんとなく空けてあるという実態だろうか。

なんとなく釈然としないのだが、自分自身はむしろオフィス内ノマドワークは好きな方で、「朝席を決めたらそのまま居なくてはいけない」今までの雰囲気の方が息苦しかったので、せっかくの発令は有効活用したかったりする。

やっぱり鞄を戻すという選択肢かなぁ・・・。

|

« データマーケティング | トップページ | 雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66204529

この記事へのトラックバック一覧です: オフィス内ノマドワーク:

« データマーケティング | トップページ | 雑感 »