« Kオケの将来 | トップページ | 演奏会終了 »

2018年2月 9日 (金)

場を盛り上げる演奏

昨日はKオケの本番。社内イベント(某事業所の新年会)での余興演奏である。

Kオケは性格上そうした機会も少なからずあるのだが、毎回の事ながらパーティーの最中に必ずしも注目されるわけでもなく演奏するというのは精神的に少々キツかったりする。演奏はまだ音楽そのものと向き合えるから良いのだが、なんといっても厳しいのがMCである。

曲間に曲目やオケの活動の紹介を挟むのだが、聞いていない人たちに向かってこれを話すのはかなりの精神的なエネルギーを必要とする。もちろんこちらに注目してくれている人たちもいるので、そうした人たちを相手に話すように気持ちを持っていければ良いのだが、どうしても聞いていない人たちに注意が向いてしまう。

この辺りは割り切りというか、今後もこうした機会があるなら心臓を強くしていくしかないと思うのだが、その辺りの動揺が演奏にも影響してしまうのが残念なところだろうか。

喧騒の中で行う演奏なので、クオリティは正直客観的に評価するのが難しい(お互いの音よりも会場内の喧騒の方が耳につくような状況である)のだが、それでも聴いてくださった人たちからは感謝と賞賛の声が寄せられるので、演奏中はともかく終わってみれば良かった、という結果になる。もっと場慣れをしてくれば、選曲も含めて場を盛り上げるような演奏ができるようになるかもしれない。

そう、課題は「場を盛り上げる」事なのだ。大切なのは「演奏を聴かせる」事ではなく、イベントを盛り上げる事にある。そういった視点で考えた時に、演目含めどこまで考える事が出来たかはかなり怪しい気がしていたりする。

そこがどういった場で何が求められているか・・・それに合わせた演奏ができるかが、今後こうしたイベントに継続的に呼んでもらえるかを決める事になるだろう。
いや、あまりたくさん呼んでもらっても対応できないんだけどさ。

|

« Kオケの将来 | トップページ | 演奏会終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66373764

この記事へのトラックバック一覧です: 場を盛り上げる演奏:

« Kオケの将来 | トップページ | 演奏会終了 »