« 続・赤信号を渡る理由 | トップページ | 身の回りのものをスッキリさせる »

2018年4月16日 (月)

音楽に対して無感動になっていないか

この週末もサイクリングとオーケストラという事で、オケの練習が少なめだと他にもやれる事が出てくる。もっとも来月からはもう一つ加わるので、今がたまたま閑散期であるとも言えるかもしれない。

土曜日のサイクリングは街乗りの延長程度で、あきる野から狭山湖を経由して高幡不動というルートで40km程は走ったと思うのだが、筋肉痛などにはならなかった。そういった意味ではスキーよりも筋肉への負荷は少ないという事だろう。もっとも山道とかはあまり走っていないので、坂道をガンガン登ったりすれば違ってくるだろうか。今のところそういった強度をかけるつもりはあまりなく、車や徒歩とは違った移動を楽しんでいるだけではある。

日曜日は午前中はオケの練習をして、午後は他のオケの演奏を聴くという流れだったのだが、何を思ったか、自分は音楽が好きなのだろうか、とふと疑問に感じたりした。いや嫌いならこんなに漬かった休日の過ごし方はしないだろうというのはその通りなのだが、この過ごし方を自分は楽しんでいるだろうかと考えてしまったのだ。

例えば午前中の悲劇的序曲の練習。

弾いている最中はたぎっているというか、のめり込んでいる(むしろのめり込みすぎて我を見失っている)とは思うのだが、それが「音楽を楽しんでいる」のか、「楽器を弾くのを楽しんでいる」のかが、定かではない。楽器を弾くという行為として楽しいのは確かだが、それは本当に音楽を愉しんでいると言えるのだろうか。

そもそも音楽を「愉しんでいる」とはどのような状態なのか。

例えば午後に聴いたメンデルゾーンの交響曲第4番。

嫌いな曲ではないし、聴いていて耳に心地よいのは分かる(演奏の上手下手は別として)。この曲はそうではないが、曲によっては身体が痺れるような感覚に浸れる事もある。ただ、それは受け身の行為としての「聴く」結果であって、それが音楽の愉しみなのかと問われると、何か違うような気がする。

何というか、自分は音楽が好きなのだ、何故ならば・・・の「何故」の部分が抜け落ちている気がする。何事も理屈で説明できるとは限らないのだが、理屈抜きで好きなんだと言えるほどのめり込んでいる訳でもない。どちらかといえばその部分はひいてしまっていて、いや何となく・・・という言葉しか浮かんでこない。

最近はあまり(オーディオでも)聴いていないという事もあるかもしれない。ジュピター(※ホルストではなくモーツァルトである)やイタリアの終楽章をヘビロテしていた事もあったりしたのだが、そういった事もなくなっている。何というか、音楽に対して無感動になっていなだろうか。

まぁ少し飽和状態ではあるのかもしれない。

|

« 続・赤信号を渡る理由 | トップページ | 身の回りのものをスッキリさせる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66616441

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽に対して無感動になっていないか:

« 続・赤信号を渡る理由 | トップページ | 身の回りのものをスッキリさせる »