« iPad miniとevernoteのストレス | トップページ | 今日終わらせる事 »

2018年6月 1日 (金)

タスク管理とプロジェクト管理

タスク管理というのは昔から課題感が強くて、色々試行錯誤しながらなかなか上手いやり方にたどり着いていないのだが、最近ちょっと思うのは、「個人に閉じたタスク管理」では結局限界があるのではないかというものだ。「ティッシュを買う」といったタスクであるならともかく、仕事上のタスクを個人に閉じた形で構築するのは、(少なくともチームで仕事をしていく上では)かなり難しい。自己都合だけではどうにもならない部分があるからだ。

チームでコラボレーションをしていくためのツールが様々出ているのはそうした背景もあるのだろう。個人で使っているevernoteやDropboxですらそういったコラボレーションの機能を内包している(使っていないが)のは、そうしたニーズが強い事を物語っていると言えなくもない。

ただし、チームでタスクを共有化していくのは、それはそれで困難もある。そうしたタスクの捉え方や管理の仕方は、多くの場合各人毎にかなり異なるからだ。個人レベルのタスク管理ツールですら様々存在し、ノウハウ本が氾濫するのは、そうしたワークが個人内に閉じている事で、それぞれがガラパゴス化している事を示している。実際問題として各人に最適化されていた方が(個人としては)やりやすい側面がある事は否めない。

一方で、それではチームとしては最適化されていないので、個人としての最適化がチームとしての生産性向上につながっているかという視点は持っておく必要がある。これはプレイヤーというよりはマネジメントの視点になるのだが、ではマネジメントに最適化されたプロジェクト管理であれば、プレイヤーはやりやすいのかといえばそれまた違う場合があるだろう。

その辺りは結局永遠の課題というか、完成形があるのではなく、常に改善を図っていくものという事なのかもしれない。

|

« iPad miniとevernoteのストレス | トップページ | 今日終わらせる事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66781693

この記事へのトラックバック一覧です: タスク管理とプロジェクト管理:

« iPad miniとevernoteのストレス | トップページ | 今日終わらせる事 »