« 残業に関する二枚舌 | トップページ | 週末の予定 »

2018年7月 5日 (木)

Kオケの第九

Kオケの演奏会は先週のOB向け以外に今月は保育園向けの演奏会もあって、何というか基本的に盛りだくさんなのだが、それに加えて9〜10月に社内の文化祭、11月に納会での演奏と、ルーチン的な演奏機会は今後も目白押しである。(来年春には定期演奏会もある。)

そんな中で、いよいよ第九をやる(それも来年)という動きが本格稼働という事で、さらにやる事考える事が増えようとしている。

それ自体はまあ良くて、少なくとも自分の場合はある程度折り合いを付けつつもこなしていける楽観がある(根拠のない自信だが)。第九という曲自体が未体験という訳でもないし、F響を中心として第九の演奏会を回すという事も経験してきているからだ。

一方でちょっと気になっているのは、この動きに巻き込まれていく団員の受け止め方である。Kオケはオーケストラは初めてというメンバーもいるので、ある程度は強引に引っ張っていく事も必要なのだが、正直演奏頻度も含めて性急な感じがしなくもない。自分にとっては年に10回を超える(減らしてもそれぐらいはあるはず・・・)演奏機会の一つで、その中でバランスを考えながらペースのコントロールをしているが、人によってはそうはならないだろう。

そういった意味では、少なくとも第九については、少し別の取り組み姿勢が必要になるような気がしなくもない。例えば団の公式プログラムに組み込むのではなく、別プロジェクトとして(コア団体としては関わりつつも)少し距離を置いてしまうなどだ。

先週時間を取ろうとしてできなかったのがそれなんだよね・・・その辺りの構想を一旦整理しないと、動き出した一部コアメンバーについていけないメンバーが出てしまうかもしれない。

週末はサイクリングよりもそれかなぁ・・・。

|

« 残業に関する二枚舌 | トップページ | 週末の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66902657

この記事へのトラックバック一覧です: Kオケの第九:

« 残業に関する二枚舌 | トップページ | 週末の予定 »