« 朝の労働事情 | トップページ | 朝の時間 »

2018年7月11日 (水)

オケの気持ちを盛り上げる

昨日はまたもU響の飲み会に(だけ)参加してしまった。退団してしばらく経つのにこうした関係が維持できるというのは悪いことではないだろう。これも一つのオケとの関わり方かもしれないと思ったりする(音楽関係ないけど)。

飲み会の席とは言え、互いの練習姿勢に対する厳しい意見の応酬もあったりして、そうした緊張感は必要なのではないかと感じたりもする。相手を潰すような指摘ではなく、鼓舞するようなやり取りは、互いの信頼関係があってこそだ。もっとも端からはそう見えるが、当事者はそうではないかもしれないので、これ自体は無責任な感じ方ではある。

昨日なるほどと思ったのは、選曲者、特にその曲を推薦した者は、もっと団員がその曲を好きになるような、気持ちを盛り上げていくようなアクションをしたら良いのではないかという話。例えばプログラムに掲載する曲紹介は練習が開始する時には団員に回覧できるようにするとか、曲への理解を深める一助となるような情報提供は様々可能である。

曲の情報それ自体は各自で調べれば良いことかもしれないが、重要なのは個別に調べた結果ではなく、団員が同じ情報を共有している事である。それがアンサンブルの一体感につながっていくというのは、指揮者の物言い一つで音が変わる様を見ていれば容易に想像できる事だ。

そんな事を考えさせられた飲み会だった。こういう所が良いんだよな。

|

« 朝の労働事情 | トップページ | 朝の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/66928243

この記事へのトラックバック一覧です: オケの気持ちを盛り上げる:

« 朝の労働事情 | トップページ | 朝の時間 »