« 週末の練習 | トップページ | 自分にとっての音楽活動 »

2018年9月19日 (水)

カレンダーに行動を登録する

Googleカレンダーでリマインダーとタスクの両方を表示させる事が出来るようになり、InBoxがなくなる事が分かったという事で、少しカレンダーやメール上でのタスク管理を見直す必要が(必要というより欲求が)出てきた。恐らくはまだ過渡期なので、どの機能がどのように落ち着くかわからないのだが、ざっと把握出来る限りでは、Googleカレンダーで「やる事」を登録・管理する方法としては以下のようなものがある。

・スケジュールとして登録する
・リマインダーとして登録する
・ゴールとして登録する
・タスクとして登録する
・(keepの)リマインダーとして登録する

スケジュールとして登録するのは、まぁカレンダーとしての基本機能なので特に何という事はないのだが、以前行っていた複数カレンダーの使い分けは少し控えていて、予定ごとの色分けの方を重視している。基本的に時間が決まっている予定はスケジュールとして登録し、なるべく場所なども入力しておくようにしている。場所を登録するのは、マップとの連動機能が便利だからだ。

リマインダーは買う物などちょっとしたタスクを登録する。ポイントは完了しなければ翌日に繰り越されていく事だ。例えば昨日のリマインダーとし「歯ブラシ&歯磨き粉購入」があるのだが、忘れたために自動的に今日のリマインダーとなっている。時間の指定ができるのも重要で、ようは「ここでこれをやる」的な使い方をする。あえて個人的に残念な事を挙げるとすれば、実際に完了をした時間にカレンダー上は記録されない事だ。完了したリマインダーは「その日に完了したリマインダー」となってしまうので、やった時間までを含めた「記録として活用」するにはやや不満がある(まぁそういうものではないのだと思うが)。

ゴールはリマインダーに似ているが、よりルーティーン的な登録になるのと、スケジュールと同様に時間枠を設定できるのがポイントだろうか。勝手に時間は設定されるが、それは手動で変更すれば良いと割り切れば、ある程度時間を確保して継続的にやりたい事をひとまず登録してしまうのはありではないかと最近考えている。現状は読書の時間枠確保用に使う事が多く、購入した本ごとにとりあえずゴールを設定してしまっている。

タスクはプライベートではあまり使い道が定まっていないのだが、Gmailと連動するので会社では重宝している。返信や確認のタイミングが少し先に設定されているメールなどは、一旦タスクに登録してしまって、後はカレンダー側から開くというやり方だ。ただ、機能としてはリマインダーのように繰り越したり時間の設定まではできない。アプリまで含めた本来のタスクの機能(サブタスクが設定できるなど)は、まだ使い道が思いついていない。

keepからのリマインダーは、最近使ってみようかと登録を始めたのだが、keep自体をそれほど使いこなせていないためか、まだ手探り状態。メモ関連については、個人ではevernoteとなっていて、会社でもkeepを使う機会があまりないからだ。とりあえず今登録してあるのは個人側で朝のルーティーンリストを繰り返しのリマインダーとして登録してみてはいる。

ひとまずはそんなところだろうか。こうしてみるとGoogleカレンダーにべったり依存してしまっているが、それはそれとしてカレンダーをベースにいかに行動を登録していくかをよく考える必要があるということかもしれない。

手帳でやる事と同じといえば同じである。

|

« 週末の練習 | トップページ | 自分にとっての音楽活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22760/67184114

この記事へのトラックバック一覧です: カレンダーに行動を登録する:

« 週末の練習 | トップページ | 自分にとっての音楽活動 »