« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

とりあえずは始めてみる

カードケースだが、印象はイマイチと思いつつも、ひとまずは何枚かカードを入れてみた。とはいえ冷静に考えれば、突き詰めて「厳選する」のであれば5枚ということになるので、1枚だけどうにかするという話になり、財布とは別に持ち歩く必要のある社員証とセットにするとか、名刺入れを工夫するとか、やりようはいくらでも考えられる。

ようはそれがストレス無く運用できるかどうかで、こればかりは試してみないと評価のしようがない。
SmartBandTALKを外した状態にようやく慣れてきたように(一方でやはり手首に通知が欲しい場面というのは多々ある)、手ぶらというのもおそらく当初は落ち着くことはなく、しばらくは違和感を感じながら続けていく中で、カードの持ち方についてもどこかで決着していくのだろう。

いずれにせよ、始めてみるしかない。

とはいえ、いざ始めようとすると色々考えてしまうもので、今日は他の事業所への出社で(会社絡みの)持ち物があり、明日はオケの練習があってこれまたちょっと具合が悪そうである。ただ、オケの練習に関してはこれを理由にしていたら毎週のように具合が悪くなるわけで、それを理由にするなら最初から手ぶらなど考えない方が良いということになる。

という訳で、きりの良いタイミングでもあるし、明日一旦試してみることにしよう。もっとも、会社に置いておくものを朝は持っていかなければならないし(紙袋を使用してそのまま置いておく)、帰りは楽器があるので、実はあまり手ぶら感はなかったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

カードケースを購入してみる

Amazonで金属製のカードケースを購入してみた。

・・・結論から言えばややイマイチな感じで、本来この手の質感が重要な商品は現物を確認するのが基本スタンスなのだが、店頭では見かけないのでは仕方ない。

カードケースの購入を思い立ったのは、当然ながらカードを収納するケースが必要だったからである。

手ぶらでの通勤を実現する上で、日常使いとリスクを考慮して持ち歩きが必要と思われるカードは最低限次のようなものだ。

免許証
保険証
定期券(PASMO)
キャッシュカード
クレジットカード

この内、免許証、定期券、クレジットカードについては、手持ちの「小さい財布」の中にすでに入っていて、日常的な持ち歩きの対象になっている。

小さい財布のスペック上のカード収容力は5枚となっているので、上記は問題なく入りそうなのだが、経験上5枚を入れてしまうときつくなって非常に取り回しがよろしくない。それに最低限必要なのは5枚だが、実際には他にも手元に持っておきたいカードはある。

という訳で別にカードケースを持ち歩くことを検討したのだ。(ちなみにカード収容力のある長財布にするという選択肢もあることはある。)

とはいえ、実際に買ってみて再考してみると、小さい財布の他にカードケースを持ち歩くというのは、やや取り回しが悪いかもしれない。ユニットが増えるというのは、忘れるリスクも増えるということだ。一方、では長財布一本にするかといえば、小さい財布というアイテムは非常にお気に入りなので、手放したくない。

このあたりは思案のしどころであろう。まぁせっかく買ってはみたので、ひとまずはカードケースを併用してみるのが良いのかもしれない。

余談だが、それらとは別に、大分前に買ったGOLLAのスマホケース(ただしサイズ的にXPERIAは入らない)もそこそこお気に入りで、今はそれを鞄用の財布として使っていたりする。とはいえこれを持ち歩くのはちょっとばかり大きいというのが個人的な感覚で、長財布をイマイチと思うのもそういう理由だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

エントリー

抱える本番の数が減ってきたためか、休日の過ごし方がやや落ち着いてきた。これぐらいが良いような気もするし、何となくダラダラして堕落したようにも感じたりもする。とはいえ、年内は落ち着きそうだが、年明けからはまた予定が入っていく訳で、束の間の休みと捉えられなくもない。

そんな状況だからという訳でもないのだが、土曜日にエントリーのお誘いを受けた。自分からエントリーするのは慎んでいるとは言え、直接声がかかれば迷いはする。
・・・が、今回は予定が合わずにお断り。本番については日曜日であっても解禁する事にしたのだが、練習予定がやや厳しかったし、必須とされる練習予定日にはすでに予定が入っていた。

その辺りは、残念とは感じても割り切らなければならない。その他もう1件お声がけがあったのだが、こちらはまだ予定待ち。いずれにせよスケジュールがすべてで、無理はしないというのが当面の目標だろう。その上でもう少し丁寧に個々の曲に向き合うようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

オープンテラス

昨日は諸事情により休みをとったのだが、何もやることはなさそうに見えて意外とやっておかなければならない事に時間を取られてしまった。平日もそうだが、休日でもやる事があるというのは幸せな話ではある。というか、「休み」という概念はあまりないような気がする。

などと書きつつ、実際にはあわよくばやろうと持ち帰っていた仕事などもあって、午後の空いた時間にオープンテラスでそれをしていたのだが、その場の穏やかな雰囲気というか、お店ではないけれどもオフィスでもない空気感のおかげで思った以上にはかどったような気がした。よく「公園で読書」みたいな話を耳にするが、なるほどカフェともまた違う雰囲気がもたらす効果というのがあるのだろう。

そういった意味では、一律で同じオフィスで仕事をするというのは、何のためだろうかと思わなくもない。どんな仕事もオープンテラスやカフェにマッチするとは思わないが、どんな仕事もオフィスにマッチするかと言えばそうではないだろう。そういうものだからといった考えに縛られて、結果として効率を落としているといった事もあるような気がする。もちろん人それぞれだとは思うのだが、少なくとも試しもしないうちに決めつけてしまうのはもったいない。

ちなみに、昨日の作業効率が上がった要因は、「仕事中」という余計なプレッシャーがない事と、屋外ならではの頬を撫でる風のおかげではないかと思っていたりする。オフィスでもカフェでも、自然の風を感じるという事はほとんどないが、昨日はその風が心地よかった。

しかし考えてみたら、その環境こそ「仕事以外」に使いたかったかもしれない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

手ぶら通勤への道

キーボードの接続先をiPad miniからXPERIAに変更し、ブログをXPERIAで書くようになってしばらく経ったのだが、今の所は大きな問題もなく比較的快適に使うことが出来ている。画面サイズの小ささはどうしようもないのだが、コンタクトを未装着の朝の段階では、大きな支障はなさそうである。
(コンタクトを装着してしまうと、小さい文字は相当に厳しくなってきている・・・。)

こちらの方が快適だと感じられる理由の一つは、なんだかんだで今使っているキーボードはWindowsやAndroidの方がキー配列的に最適化されているという事がある。もっとも困っている事もあって、英字入力の切り替えなどが思ったようにいかない。これはどのキーの組み合わせがどう入力モードを切り替えるのかが分かっていないからだ。このあたりはどこかで調べる必要があるのかもしれない。

これが定着してくれば、iPad miniを持ち歩く必要がなくなり、結果として手ぶらに一歩近づく事になる。もちろん話は電子デバイスの話だけではないので、その他のモノも最適化していく必要があるのだが、一番かさばるのがiPad miniだという事を考えれば、これは大きな前進だろう(力説するような事ではない)。

もっとも、雑誌(dマガジン)はどうするのかといった話もある。いやこれはそもそもモバイルで読むのかという話もあるのだが、現状はiPad miniでの閲覧が主なので、外で内容をチェックしている事が多く、そもそも自宅ではあまり読まない。しかしこれは流石にXPERIAで読むには厳しいような気もする。読まなくなるのであれば、解約ということも視野に入ってくるが、情報収集の手段としては捨てがたい側面もある。

そのあたりをどうするかは思案のしどころであろう。それを残すのであればそもそも手ぶらは無理だし、iPad miniの活用範囲はむしろ広げた方が良いという話にもなってくる。

もう少し小さなタブレットにするという方法が無い訳ではないが、その場合はXPERIAとの棲み分けがなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

練習の立ち上がり

曲数の関係で先日出演を断念したエキストラの件だが、その後改めて1曲だけでもとお声が掛かり、結局お引き受けする事になった。ややわがままを通したような形になって申し訳ないような気もするのだが、一方で1曲だけなのだから言い訳が効かないという事でもある。


土曜日に連絡をいただいたのだが、翌日曜日に練習がある事は把握していたので、急遽参戦を決定。おかげで参加したいと思っていた飲み会や、やらなければいけない編曲などができていない。飲み会はさておき、編曲は今日にはやらなければならない。


さて、楽譜も持たずに参加した練習で、過去経験があるとは言えそれなりにブランクもあり、どうなるかと思ったのだが、まあまあ何とかなったという感じだろうか。もちろん事前の練習なしとしては、という話で、次回以降はもっと精度を上げていく必要があるのだが、本番までには何とかなりそうな感じで少々ホッとする。音のイメージが出来ないのは2箇所(記憶の範囲では)という所で、これは早々に音源を作ってしまいたい。


何分回数は限られているので、気になる所は早めに潰してしまうべきだろう。次回の練習は11月3日で、その後は12月まで空いてしまうので、そこである程度目処をつけておきたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

キャパシティ

Kオケの第九の練習が本格的にスタートした。

今のところはメンバーもそろっているとは言い難く、第九経験者も数えるほどではあるのだが、いずれにせよスタートしたからには、ゴールに向けて進んでいかなければならない。

もっとも、別にこうした事は第九に限った話ではなく、どんな演奏会でも同じであろう。

さて、先日打診のあったエキストラだが、一旦は引き受けたのだが、その後事情が変わり、お断りすることになった。理由は当初1曲だけという話だったのが、全曲となってしまい、負担が大きいと感じたからだ。残念な気もするがこれも決断であろう。何であろうと声がかかれば引き受けていくというのは限界が見えつつある。

ひとまずは目の前に集中しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

キーボード

思い立ってキーボードの接続先をXPERIAに変えてみた。

という訳で、今朝はXPERIAで書いてみているのだが、画面の小ささはやはり気になるところではある。朝のこの時間に限って言えばコンタクトは未装着なのでまだ見やすい(画面に顔を近づけるだけである)が、コンタクトを装着している場合はそうもいかないだろう。

もっともそれはアプリ側で調整する方法もある。

ざっと入力してみた限りは快適というか、反応も良好である。後は先代XPERIA(自分にとっての先代の話)のような、「毎回接続の必要がある」みたいな現象が起きなければ、このスタイルでも(朝のところは)大丈夫そうである。

そうなれば、iPad miniを持ち歩く必要が・・・無くなるわけではないが、無くても良い状態に一歩近づく。一番大きいのはこの領域なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

税金のデザイン

消費税を10%に上げるそうだ・・・もう少し先の話なので、政治の状況によりどうなるかは分からないけれども。選挙の直前に「やっぱりやめます」といえばパフォーマンスになる訳だし。

税金というのは、基本的には対象となる行為を抑制する方向に働くものなので、消費税というのは本来消費を抑制していくものだろう。逆にいえば政治的には「大量消費を控えるように」というメッセージにもつながっている。これは受け取り方によっては「大量消費社会から循環型社会へ」といったビジョンの提示にもつながるのだが、あまりそういった打ち出し方や受け止め方はされていないような気がする。

どちらかといえば、消費税が消費を抑制する事がないような施策を考えていくという、矛盾するような打ち出しがされていて、社会のデザインをどうしていきたいのかがまったく見えてこない。だからこそ「取れるところから取る安易な税金」「弱者から搾取する税金」みたいなイメージの批判が噴出するのだろう。しかし税金や規制のデザインというのは、本来そういったものではないはずだ。

例えば日本の場合、貯蓄率が高くてお金が循環していないことの方がむしろ問題なのだから、貯蓄に対して税金をかける方が「取れるところから取る」という理屈には合っているし、結果として消費を増やす(貯めるより使う方が得)事にもつながるはずだ。それをしないのは「政治的には」選挙で不利になるからだろうが、「社会的には」先に書いたような「大量消費社会からの脱脚」的な捉え方が出来なくもない。所得税から消費税への転換というのは、その結果生ずる格差はある程度許容してでも、消費に対するスタイルを変えていくぐらいのグランドデザインがなければ、本来はやるべきではないだろう。

(ちなみにその場合の格差解消は所得税ではなく相続税でデザインするべきだと考えていたりする。自分の努力の結果である所得に税金をかけるのではなく、親の努力を労せず引き継ぐような制度を無くしてしまえば、自然と格差は小さくなっていくだろう。問題はむしろスタートラインの違いなのだから。生前贈与も問題なので、そういった意味では「資産移転」のようなものに税金をかけると良いかもしれない。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

演奏会終了

また一つ演奏会が終了した。

ミューザ川崎でオルガン付きというプログラムに負けて(?)乗った演奏会だったのだが、練習参加はまぁそこそことしても弾けるようになったとは言い切れない感じで終わってしまった。いやオルガン付きは良かったのだが他の曲が・・・。

最近譜読みが乱暴になっているというか、弾けないまま放置してしまっている事が増えている気がする。それでもそこそこは弾けてしまうからという事はあるのだが、それで「ちゃんと参加している」と言えるのかは正直心許ない。全部が弾けるようになるとまでは思っていないが、全体に精度がいい加減な感じで、弾いているのか弾けているのか曖昧なのだ。

数が多いからというのは言い訳である。自分で増やしてしまっているということもあるが、それだけではなくて合奏に身を任せているだけでは演奏精度が上がらなくなってきている気がするのだ。もっともそれは自分の要求精度が上がっているからかもしれないけれども。いずれにせよ音が「当たらなく」「回らなく」なってきている感じがするのは間違いない。

今年はスタジオも借りるようになって、むしろ個人の練習機会はそれなりに多かったはずである。それでも精度が落ちるというのは、やはり単純にボリュームの問題なのか、それとも流石に加齢の問題なのか、あるいは何か別の理由があるのか・・・。

いずれにせよ、年内の大きな演奏会は(おそらく)あと一つである。小さいのはなんとか現状のままで乗り切ることにしても、大きい方はもう少し何かをしたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

やってみるという事

今朝は家を出るとポツポツ雨が降っていた。

結局傘はささずに駅まで歩いたのだが、この「雨」というのは、手ぶらの場合のもっとも身近なリスクであろう。基本どんな鞄であれ傘を入れておく性格なのだが、そういった意味では鞄なしで動くというのはこうしたリスクを受け入れるという事でもある。

しかし何故そんな事を考えるかといえば、逆に手ぶら通勤を諦めていないからだ。

手ぶら通勤というキーワードを思いついてから、今肩にかかっているひらくPCバッグnanoですら荷物と感じてしまっている悲劇(喜劇?)

昨日の夜はそんな事を呟いたりしたのだが、実際手ぶら通勤がいいな〜と思っていると、ちょっとした鞄ですら余計な荷物に感じられる。それらは移動中には必要としないものだからだ(しかし移動をやめた時に必要になる事が多い)。そもそもひらくPCバッグをnanoにした動機というのも、極力荷物を減らすためである。

とはいえ、減らす、と、無くす、ではかなり違う。

まぁSmartBandTALKを外してみた時と同様(こちらは大分慣れてきた)、あとは実際にやってみるしかないのだろう。今日は何も考えず持ってきてしまっているけれども、出来そうな日を選んで実際にやってみるしかない。

何事も経験である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

iPad miniを持ち歩く

少し前に手ぶら通勤の事を思いついてから、どうやったら実現できるのかという考えが時々頭をよぎるのだが、やはりネックになるのはiPad miniであるかもしれない。

ちょっと出かけるという時に何を持っていくか。優先順位で言えば次のようになる。

1.鍵
2.XPERIA
3.小さい財布
4.iPad mini

何故iPad miniがこの位置に来てしまうのか、自分でも釈然としないのだが、例えば車でちょっと出かける場合もiPad miniは持っていく。これはカーステレオが基本的にBluetoothで接続されたiPad miniのライブラリを再生する設定になっているからだ。
(ちなみにそれはXPERIAでも良いのではないかと言えばその通りなのだが、何故か以前使っていたZ3 compact含め、音が途切れやすい傾向がある。iPadやiPhoneではそれがない。)

通勤という条件を考えると、これらに最低限以下は加える必要がある

5.WF-1000X
6.社員証(6番目かよ?)
7.会社携帯(iPhone6)

例えばリーディンググラスや筆記具の類、緊急時の傘などは、オフィスに置いておいても良いが、少なくともこれぐらいは持ち歩く必要があるだろう。(とはいえ正直財布に関しては小さい財布では流石にちょっと不安かもしれない。)

そうなるとやはりiPad miniがネックになってくる。上着のポケットに入るサイズといえばそうだが、それはあまりに不恰好であろう。といってiPad miniを持ち歩かないのであれば、今度はキーボードが欲しくなってくる。

なかなかの(くだらない)ジレンマである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

エキストラの依頼

エキストラの依頼を受けた。ありがたい話である。

これがありがたいお話であるのは、それなりに評価されているという事でもあるからだろう。自分が逆の立場でも誰にお願いするかは考えるもので、実力も定かでない相手には依頼できない。今回はご紹介という形なので尚更である。
(もっとも、ホイホイ引き受けやすい性格である事も評価のうちであろう・・・むしろそっちの方が大きいかも。)

しかしそこは冷静になって考える必要があるという事で、まずは予定を確認する。個人でさらうのを苦手としている自分にとって(もっとも今回は未知の曲ではないのでそこまで苦労はしないだろうと考えている)、合奏練習への参加回数は演奏精度を決める命綱である。予定されているすべてに出席できれば良いが、そこまでは無理としても7〜8割は出席したい。

ただ、割合ではそもそも練習回数が少ない場合には参考にならない。重要なのは回数である。

F響の場合、大体1回の演奏会で20回ほどの練習があるのだが、曲毎で数えるとその半分の10回かもう少し減って8回ぐらいが1曲あたりの練習回数になる。これぐらいやってようやく曲が身体に入ってくるという感覚があるのだが、今回は数えると参加できる回数は5回だった。

・・・結構微妙なラインである。少なくとも新曲であれば引き受けるべきではないだろう。演奏にアジャストするどころか、理解するだけで精一杯で終わってしまう。今回は一応やった事があるというのと、プログラムのすべてではなく1曲だけ(交響曲なので4楽章あるが)というのが助かる。弦楽器は全曲というケースが多く、これがまた余裕のなさに拍車をかけたりするからだ。

他にも理由はあるのだが、という訳でひとまず引き受けてみることにした。あわよくば「困った時はお互い様」的な関係を作れれば万々歳ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

スマートウォッチとGoogleカレンダー

週末にSmartBandTALKとのリンクを解除し、アプリを削除し、ついでにGoogleFitもアンインストールした。これで基本的にトラッキングの類はスマホではしなくなった事になる。時計の問題は通知だけならスマートウォッチでなくても「通知機能を持つ時計」で良いかと思ったのだが、そうした時計の方が金額的にははるかに高額であったりする。当面は様子見であろう。意外としばらく耐えれば慣れてしまうものかもしれない。

あわせてこの週末はGoogleカレンダーの使い方の見直しをして、複数のカレンダーの使い分けを復活させる事にした。メインのカレンダーへの集約を進めてきたのだが、登録する情報が増えてくると、やはりカテゴリー毎に表示を切り替えられる方が便利である。というか、オケ関係の予定はやはりそれだけを見られるようにしないと具合がよろしくない。

元々集約を進めようとした動機は、予定の読み上げとゴールの設定の問題であったのだが、読み上げは結局使っていないし(機能としては面白いが習慣がない)、ゴールに空き時間を認識させても、結局は手動で調整する事が多い事が分かってきたからだ。

もっとも、使い分けを進めていくと、メインのカレンダーは結局何を登録するのかという話になってきたりする。今回は仕事関係も別カレンダーにしようと考えているからだ。仕事とオケを別カレンダーにしたら、他に登録するような予定はほとんどない。飲み会ぐらいだろうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

スマートウォッチ

SmartBandTALKが壊れてしまった・・・機能的な故障ではなくバンドを留めるパーツが欠けてしまってバンドが取れてしまったというものだけれども。

少し前に「着けない生活」というのをちょっとだけ実施してあえなく断念したのだが、期せずして再チャレンジする事になってしまった。正直に言えばまだ少し落ち着かない。知らぬ間に時計を見る習慣ができていたというか、スマホあるいは携帯で時間を見る習慣を失っていたというか、いずれにせよ無くても大丈夫と思っていたものが、無くなってみると意外とそうではなかったというのは、逆に新鮮ではある。

パーツの問題なので、バンドを再購入するなりして使い続ける事は可能なのだが、さてここで思案する。ここしばらく何か良いスマートウォッチはないかと物色していたのも事実だからだ。

とはいえ、今のところSmartBandTALKを替えるほどの魅力を感じる機種はなかったというのも確かだ。そもそも求める機能が大してない(いわゆるアクティビティトラッカーの機能はほぼ必要ない)ので、わざわざ数万円も出すようなものではないといった所だろうか。何のためのスマートウォッチだよというか、それであればただの時計で良いような気もするが、通知機能は欲しいのである。もっともそう言った意味で本当に通知機能が必要なのは、個人用のXPERIAではなく、会社用のiPhoneの方だろうが・・・そういえばマルチペアリングで双方から通知が受け取れるようなスマートウォッチはあるのだろうか。それだったら少し欲しいような気がするな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 3日 (水)

手ぶら通勤

昨日の朝は、手ぶらでオフィスに入っていく社員を見かけた。

昨日の夜は会社宛ての招待状をもらってコンサートを聴きにいったのだが、同じように招かれているであろうVIPの面々の多くが手ぶらだった。

鞄を持たずに出社する・・・何だかとても自由な感じがする。リュックを背負うというのは一部それに近いのだが、左右の手と肩が空いていたら、気分まで変わりそうである・・・やった事はないが。

冷静に考えれば、現在鞄の中に入っているのは、仕事とは関係ないものばかりである。あえて言えば名刺入れぐらいだろうか。特にこれからの季節はポケットが増えてくるので、ちょっとした小物であればそれで済んでしまう。そういった意味ではちょっと工夫すれば手ぶら通勤ができそうなものなのだが、そこには少しばかり別の気持ち的な事情が関わっている。

現状鞄に入っているものは、確かに「仕事に必要なもの」ではない。ではなぜそんなものを鞄に入れて持ち歩いているかと言えば、「仕事とか関係なく常に持ち歩いていたいもの」だからだ。常にというのはやや語弊があるが、ようは平日の仕事であれ、休日の遊びであれ、基本的には手元に置いておきたいものという事である。そのベースにあるのは「何かあった時にこれぐらいはないと困る」という発想で、緊急事態に対する備えと捉えても良い。

だから「ちょっと近所に出かける」程度ならともかく、終日外で活動するような場合は、極力持ち歩く事が前提になる。ロマの民や遊牧民族は全財産を持って移動するが、感覚的にはそれに近い。家という拠点ではなく、自分が今いる所が重要と考えているので、最低限(それでも最低限というレベルにおさえているつもりだが)自身の行動を支えるものとして持ち歩いているのが、今の鞄の中身である。

これを切り離すのは、結構な恐怖感が伴う。

まぁそこまでは行かなくても、現実問題として、例えばiPad miniがなければブログはどうするのかみたいな話もあったりして、スマホと財布だけで日々動くのはなかなか難しいとも言える。とはいえ、そういう行動というのも試してみるのが良いのだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 2日 (火)

マネジメントの効率化

昨日は週末の台風の余波で交通機関が乱れに乱れたのだが、早々に渋谷への出社を諦めて仙川で執務をしたせいか、自分自身については特に大きな苦労もなく終わった。そういう事ができる場合とできない場合があるのは確かだが、できる限りにおいては有効活用すべきだろう。昨日に関して言えば、トラブルがないどころかスムーズに進められてしまう場面もあったりして、オフィスの位置が本当の意味で仕事に最適化されているとは限らないというのを実感したりもした。

一方で、それではダメだ(仕事ができない)と考える人たちもいる。もちろん仕事の性格上そういった場合もあるが、工場など特定の仕事環境が必要な場合を除けば、多くは心理的な抵抗感と環境を変える事への恐怖感のようなものだ。とはいえ、その辺りは理屈だけではクリアできない問題だけに難しく、最後は力の強い方の「気持ち」で決まってしまっているというのが実態だろう。

個人的には、固定化するのであれば徹底的に個室化(パーティション含め)して欲しいし、そうしないのであれば完全にノマドワークを可能にして欲しいと思っているわけだが、現実にはその中間点の極めて非効率な環境にあるというのが、正直な感想ではある。個室化にせよ、ノマド化にせよ、そこには執務環境と組織体制というマネジメントの課題が横たわっている。そこに影をさすのは「業務の効率化」よりも「管理の効率化」を是としてしまうマネジメントの理屈だ。大部屋で、目の見える所に部下を置いておくというのは、プレイヤーの業務効率ではなくマネージャーの管理効率を追求した結果なのだが、組織にはあまりそうした自覚がない。

というか、マネジメントの方法論の問題のような気がするんだよな・・・お山の大将とそれを取り巻く人たちのような組織構造においては、管理する方法は「何となく一体感を作る」ぐらいしかないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »